青森県下北郡東通村の保育士求人

  1. こども園ひがしどおり

    青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内9-35

    こども園ひがしどおり
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

青森県の北東部に位置する東通村は人口約7000人、原子力発電・風力発電などを有すエネルギー産業がメインの村となっています。東日本大震災の時は原子力発電所は点検中であったため稼働はさせておらず大きな被害は出ませんでした。

青森県下北郡東通村は青森県北東部下北半島の太平洋岸に位置する自治体です。村内には鉄道は通じていません。最寄り駅は西のむつ市にある、JR東日本のはまなすベイライン大湊線下北駅です。主要道路としては、国道338号線が村内を通っています。北は函館市が起点となっていますが、フェリーを介して下北半島最北端の大間につながり、むつ市を経て東通村に達しています。南は太平洋岸を通り、八戸市の北にある上北郡おいらせ町までを結んでいます。村内への交通としてはむつ市のむつバスターミナルより、下北交通の路線バスが運行されています。村役場のある村内中央部の他、北部の尻屋崎港方面などへの路線も運行されています。むつ市から東通村役場までは所要約30分、港近くの集落である尻屋までは所要約50分です。

青森県の東通村で行われているお船魂祭は、漁師のお正月とも言われていて、神社で漁師が集まって、その年の大漁祈願や海上安全の祈願を行って、宴会をするのが習わしになっています。わきのさわ朝市では、この地区の特産品である鱈をはじめとした販売や、鱈のジャッパ汁、ぼたん鍋などのこの地区の美味しいものがたくさん集まっているだけでなく、豪華景品付きの抽選会も行っているので、大人も子供も楽しめます。数年に一度しか行われない田植え餅つき踊りは、200年以上の歴史を誇っている小正月の行事で各集落ごとに豊作を祈願しています。

青森県の東通村の猿ヶ森砂丘は日本一の広さを誇る砂丘ですが、立ち入り禁止になっている区域が多く、すべてを見学することが出来るわけではありませんが、いくつもの沼なども存在しています。村の人だけでなく、周辺の地域からも多くの人が観光に訪れる桑畑山のツツジは、桑畑山の一面を美しいツツジが覆っていて開花の季節になると、見た目だけでなくその香りでも来る人たちを楽しませてくれます。浜尻屋貝塚では、掘立柱建物やカマド状遺構、井戸等が発見されていて、この地域で海産物の加工を行っていたことがわかる、貴重な資料になっています。

青森県下北半島の北東部にある東通村は津軽海峡と太平洋、2つの海に挟まれた細長い村です。面積の大部分が山林、原野ですがなだらかな地形をしています。そのため農業、漁業、畜産業が盛んな村となっています。村では教育のことも考えており、幼小中一貫教育の推進など生きる力と夢をはぐくむ学校教育を考えています。また、子育て家庭への支援も行っていて消費税が上がったことで子育て家庭の負担を軽くする、臨時福祉給付金および子育て臨時特例給付金も支給しました。「すくすくベビー子育て応援事業」も展開し、出生の翌月から1年間子ども1人につき1万円を毎月支給しています。