2014年04月04日

【認定こども園とは何?こども園で働くということ】

保育士・幼稚園教諭の皆様

 

こんにちは!保育士バンク!編集部です☆

 

前回お話した資格取得者の急増について、興味深く読まれた方も多いのではないでしょうか?

特に、「認定こども園法」制定により保育士もしくは幼稚園教諭の資格をもっている場合

もう一方の資格が取得しやすくなる特例措置については、

現役でお仕事をされている方も、

これから保育士を目指す方も、必ず知っておきたい所・・・。

本日はその、「認定こども園」について、わかりやすくお伝えできればと思います。

 

◆そもそも「認定こども園」とは何?

 

認定こども園とは、それぞれ異なる特色を持つ「幼稚園」と「保育園」を一元化し、

教育水準の均等化と、サービスの一元化を目指すものです。

所謂「幼保一元化」とはこのことです。

「認定こども園」が一般化することで、

教育的意味合いの強い幼稚園と、

就学前のこどもの保育を旨とする保育園、

どちらの長所も取り入れ、「教育」と「保育」の両立を目指すことが目的といえます。

 

◆「認定こども園」で働くということ

 

幼稚園と保育園、どちらの要素も兼ね備えた施設で働くということは、

資格に於いても、「保育士資格」「幼稚園教諭免許状」

どちらの資格も保有することを原則としています。

この、両方の資格を兼ね備えた教育者は「保育教諭」と呼ばれます。

今後「認定こども園」が一般化されることを考えると、

現在どちらか一方の資格のみをお持ちの方はご不安が大きいのではないでしょうか?

 

そこで、改正認定こども園法の施行後5年間は、

幼稚園教諭免許状または保育士資格のいずれかを有していれば、

保育教諭となることができるとする特例措置を設けています!

したがって、この5年間所有していないもう一方の免許・資格を取得する必要があります。

 

 

猶予は5年間・・・。

特例措置の条件で3年以上の経験が必要とされることを考えると、決して長いとは言えない期間です。

次回は、この特例措置について詳しくお伝えいたします。

 

 

保育士バンク!は、保育士専門の求人サイトです。

どんどん活用していただいて理想のお仕事先に出会っていただけるよう、

私たちもサポートしていきます!!

 

 

***********************************************************

また、保育士バンク!では皆様のお役に立つ転職関連コンテンツを多数

ご用意しておりますのでぜひ一度ご覧になってみて下さいね ♪

 

 

今後も保育士バンク!をどうぞよろしくお願い致します!

保育士さんの求人サイト 保育士バンク!