2014年04月14日

【目指せ待機児童解消!!「小規模保育」とは?】

保育士・幼稚園教諭の皆様

 

こんにちは!保育士バンク!編集部です☆

最近よく耳にする、「小規模保育」という言葉をご存じでしょうか?

こちらはその名の通り、少人数の子どもの保育を行う施設・制度のことです。

本日はこの、「小規模保育」についてお話します。

 

◆少規模保育の定義

小規模保育とは、0-3歳未満児を対象とした、定員6人以上19人以下の少人数で行う保育です。

定員5人以下の家庭的保育、定員20人以上の認可保育所の中間に位置します。

2015年度より施行される、「子ども・子育て支援法」により国の認可事業として位置づけられ、

待機児童解消への足掛けとして期待されています。

 

◆小規模保育のメリット

小規模保育のメリットとしてまず挙げられるのが、子ども3人につき保育者1人という比率です。

認可保育所の場合は1~2歳児の場合子ども6人に対し保育者1人とされているので、

手厚い保育が可能で、保護者も安心できる環境と言えます。

次に、臨機応変な対応が可能という事。

子どもたちの個性に合わせた保育が可能になり、活発な子、おとなしい子、

それぞれの長所を伸ばしていく保育目標を立てやすい環境です。

小規模保育所の多くはマンションや家の一室を使用している事が多いので、

より家庭的な雰囲気も魅力の一つと言えます。

 

◆待機児童解消へ向けて

認可保育所を新設するとなると、自治体による用地確保や

施設建築を経て開園するまでに2~3年かかります。

が、小規模保育園の場合は4~5ヶ月程度で開園準備が整うため、

待機児童が集中しているエリアにピンポイントで保育所を供給できるという利点があります。

現在は自治体の運営が主となりますが、「子ども・子育て支援法」が本格施行されれば、

「小規模認可保育所」として国の制度として利用できます。

料金も、認可保育所と同じく、世帯収入に応じた応能負担が適用される見込みです。

 

 

保育所が充足することにより、

理想的な、子育てのしやすい環境作りが可能となればというのが希望です。

働きながら子育てをしている保護者さまと、

整った環境・条件で働きたい保育士さま

どちらにとっても良い方向へ向かうといいなと感じます。

 

 

保育士バンク!は、保育士専門の求人サイトです。

どんどん活用していただいて理想のお仕事先に出会っていただけるよう、

私たちもサポートしていきます!!

 

気になる点・確認されたい点がございましたら

お気軽に保育士バンクまでご相談下さい。

***********************************************************

また、保育士バンク!では皆様のお役に立つ転職関連コンテンツを多数

ご用意しておりますのでぜひ一度ご覧になってみて下さいね ♪

 

今後も保育士バンク!をどうぞよろしくお願い致します!

 

保育士さんの求人サイト 保育士バンク!