2014年08月07日

<ニュース>水筒で園児の頭を殴った保育士、逮捕【宮城県】

 保育士・幼稚園教諭の皆様  

 

こんにちは。保育士バンク!編集部近藤です☆

8月に入り、もうすぐ夏休みの保育士さんも多いでしょうか?

お盆休みなどの行楽シーズンを迎えますが、気になるのは天気ですよね。

台風11号の影響で大雨になっている地域も多くあるようで、

 

土砂災害などのニュースを見ると胸が痛いです。

本日は、同じく心が痛んだ保育士さんに関するニュースを

 

お伝えしたいと思います。

 

 

◆保育士に関するニュース

宮城県仙台市の保育士が、給食中に嘔吐をした園児に腹を立て、

ステンレス製の水筒で頭を殴る事件がありました。

園児は3針縫う怪我をし、園児の母親には「転んで怪我をした」という

嘘の説明をしたそうです。

頭脳や身体の発達に重要な幼少期に、

大怪我をさせるなんて許せないですよね。

両親も信頼して大切な子どもを預けているのに・・・悲しいニュースです。

国家資格を持つ保育士として

自覚のある行動をしてほしいですね。

早く怪我が回復されることをお祈りします。

 

では保育所での事故ってどのくらい発生しているのか、

ちょっと調べてみました。

 

厚生労働省の調べによると、

 

25年度全国から報告のあった骨折などの怪我は162件。

死亡事故は19件。そのうち、睡眠中による事故が最も多く、

0~2歳の乳幼児が大半を占めていることがわかりました。

また、施設別では認可外保育所の割合が大きいようです。

 

 

◆頭に怪我をする園児が増加中?!

転んで壁や机に頭を強打したり、昔と比べて頭や顔に怪我をする園児が

 

多くなったようですが、保育士のみなさんはどう感じていますでしょうか?

 

普通、躓いたり転んだ時って、とっさに手が出ますよね。

 

どうして昔と今でここまで違うのか?

 

体力的に体を支える筋力が不足していることが原因と言われています。

そしてその原因のひとつに、「はいはい」をさせる時間が短くなっている

 

ことが挙げられるようです!

なるほど~。 「はいはい」って子どもの運動不足解消や

 

身を守る力を養う為に重要なことだったんですね!

 

これらを受けて、体力作りや事故防止の為に

 

色々な運動を実践している保育所もあるようです。

 

「はいはい」のように手で体を支える運動や、自ら転んで手をつく練習などなど。

 

常に子どもの為に必要なことは何かを考え、実践している保育士さん。

 

とても有り難いですね。

 

 

こういったニュースの背景には、

 

保育士不足も少なからず関係しているのではないかと思います。

 

待機園児の増加で、定員より多く子どもを預かっている園もあります。

 

そうすると保育士さん一人に対する子どもの人数も増えますよね。

 

ひとりひとりの保育士さんで気を付けることはもちろんですが、

 

園全体で事故防止に努めていくことが大切なのではないでしょうか。

 

慢性化した保育士不足問題を解消するためにも、

 

保育士資格を持つ潜在保育士さんや、無資格でも子どもと携わる仕事がしたい方

 

などにぜひ保育業界で力を発揮してほしいです。

 

保育士バンク!は保育士専門の求人サイトです。

どんどん活動していただいて、理想のお仕事先に出会っていただけるよう、

私たちもサポートしていきます!!

 気になる点・確認されたい点がございましたら

お気軽に保育士バンクまでご相談下さい。

 

今後も保育士バンク!をどうぞよろしくお願い致します!

                                  保育士さんの求人サイト 保育士バンク!