2014年11月21日

【シリーズ】海外の育児行政 No.10 ノルウェーの食育!

皆様

こんばんは。ハカセでございます。

 

引き続き、ノルウェーの育児行政ですが、この国の保育には「料理」に特色があったので紹介させて頂きます。φ(=ω=)料理!

 

 

ノルウェーの保育についての論文を読んでいたところ、3歳以上の子供が使う為に、保育室内に台所が用意されていると書かれていました。

 

Noru_1.jpg

 

私最初、3歳以上の子供用に、ママゴト用品として設置されているのだろうとばかり思ったんですよ(笑)

 

ところが、どうやらホントに園児が料理するらしいんですよ(@ω@;)なぬ!?

 

Noru_2.jpg

 

こちらで紹介されているのは、野菜サーモン焼き。アルミホイルにバターをぬって、そこに一口大に切った人参、カリフラワー、ブロッコリー、サーモンを乗せる。最後に名前を書いて、オーブンに入れます。

 

Noru_3.jpg

 

これを、女子だけでなく男子もしっかりやるのだそうで、こういうランチを自分で料理するというカリキュラムが週に1回以上行われるとのこと。

 

ノルウェーの産業で第2の規模(第1は原油輸出)を持つということと、幼少の頃から魚を食べることに慣れて貰って健康の増進を図ろうという計画があるのだそうです。

 Noru_4.jpg

しかし、学校で料理なんて私、小学校の高学年以降にほんのちょっと家庭かでやったかな?くらいですから、3歳から料理って凄いですね。しかも魚(魚油)の摂取量とアタマの良さっていうのは比例関係があると言われていますから、現時点でアタマの良いノルウェーの人達がこれからさらに頭良くなってしまうのか!?と(@ω@;)うおー

 

 

うーむ、歴史の長い北欧の国々はやることなすこと戦略的ですね~。

+++++++++++++++++++++++++

☆☆保育士さんのための、求人サイト「保育士バンク!」☆☆

「保育士バンク!」には、全国の非公開求人が多数!

かんたん30秒登録で転職活動スタート!

+++++++++++++++++++++++++