2014年11月14日

寒い冬・・・・スッキリ気持ちよく起きる方法♪

 

こんにちは!保育士バンク!編集部佐藤です。

 

先日も書きましたが相変わらず健康マニアっぷりを発揮しております。

 

最近試しているのが寝る前の「瞑想」!!

 

瞑想というと気難しいですがそこまで考えずに目を閉じてボーっとする位。

 

時間も1分から10分位とかなりざっくり!

要はリラックスですね。

 

最近はより良い睡眠の為に寝る1時間前から電子機器の電源はすべてオフにして電気も間接照明に。

 

音楽もYouTubeでリラックスできる音楽を流して。。。

 

なんて一人でニヤニヤと極楽空間を作っています 笑

 

その効果もあってすぐに眠れてぐっすり。

 

おすすめですよ!!

 

みなさんも寝る前に一分、ボーっとする時間を設けてみてはいかがでしょう??

 

 

と、最近寝付きは抜群なのですが、、、

 

寒くなってきた今日このごろ。。。

 

布団がぬくぬくと気持ちよすぎて起きれません!!!笑

 

なので今日は寒い冬でもスッキリ起きられる方法を調べてみました。

 

まず冬の朝は何故起きれないのでしょう??

 

それは身体が冷えきっているから。

当たり前と言われれば当たり前ですが、それがすべての原因なのです。

 

スッキリと起きる為にはいち早く、目覚める前から体温を上げる方向に仕向けて行く必要があるのです。

 

例えば。

 

・起きる30分前に暖房をセットしておく。

まずは室温ですね!

布団の内部との温度差を減らしておけば二度寝の防止になります。

実は急激な温度差は身体にも負担がかかるので身体のことを考えても効果的です。

 

・体温を上げる。

単純ですが目覚めたらグーパーを交互に行って血流をあげましょう!

筋肉を収縮させて血行を良くすることによって体温があがり、身体もどんどん目覚めていきます。

これは慣れてくれば半分目覚めた状態で無意識的にできるようになるのでおすすめですよ。

 

・布団から出られたら。

無事布団から出られたら熱いシャワー、温かい飲み物を飲んだりして身体を温めて。

 

そんな時間ない!という声も聞こえてきそうですが、

 

シャワーや温かい飲み物を飲むことはリラックス効果も期待できるので一日を気持ちよくスタートできますよ!

 

早起きは三文の得。

 

なんて言葉がありますが、寒い冬の朝を逆に早く起きて身体を温めてリラックス。

 

少し寂しい雰囲気の冬。

 

温かい気持ちで楽しくいきましょう!!

xf3055067852l.jpg

民間の保育士人材バンク最大級!「保育士バンク」トップページへ戻る