2014年12月19日

【シリーズ】海外の育児行政 No.18 シンガポールその3 売れ筋絵本

皆様

こんばんは。ハカセです。(=ω=)

シンガポールの三回目、今回はちょっと面白い、シンガポールでの売れ筋「絵本」のお話で御座います。

 

シンガポールにもGoogleがありまして、そちらで検索してみてよく見られているとおぼしき絵本をピックアップしてみました。日本でも有名なのがちらほら出てきました。

 

英文タイトルをそのまま訳すので的外れである可能性は否定できないのですが

(^^;)ご紹介させて頂きます。

 

 

1.Where the wild things are

 

sinp1.jpg

 

「大胆さ?はどこにある?」もしくは「野蛮な連中はどこだ?」と私が訳したところ、こちらは邦題で「怪獣達のいるところ」でした(笑)いやー私の翻訳能力じゃまるでだめですね(笑)

 

 

2.The very hungry caterpillar

 

sinp2.jpg

 

「とってもお腹の減った芋虫」これは私も知っていました。「ハラペコあおむし」ですね。シンガポールでも大人気♪

 

 

3.Cat in the hat

 

sinp3.jpg

 

「帽子をかぶったネコ」そのまんま。随分とスリムなネコさんだこと。。続編があるみたいです。

 

sinp4.jpg

 

 

4.Don't let the pigeon drive the bus

 

「鳩にバスを運転させるな!」ってそりゃそうだろう(笑)

 

sinp5.jpg

 

sinp6.jpg

 

なんだかとってもシュール。

 

sinp7.jpg

 

 

5.Make way for ducklings

 

「アヒルの子に道をあけてあげよう」ありゃ、これは日本でも有名な(って結構時代を感じますか?)「かるがものひっこし」のシンガポール版かな??

 

 

sinp8.jpg

 

sinp9.jpg

 

 

6.The snowy day

 

sinp10.jpg

 

sinp11.jpg

 

「雪の降る日」生まれて初めて雪を見たのはいつの日か・・。ちなみに、雪の日に「犬は喜び庭駆け回り、ネコはこたつで丸くなる」というのは実際に観測され

る事実です。雪のあるところで暮らしているペンギンも、生まれたばかりの個体が始めて雪を見ると、大はしゃぎします。

 

https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=W_rH3WEJh6c

 

 

 

やっぱり、絵本はどこの国でも子供に大人気ですね(=ω=)

 

さて、次回はまたアジアの別の国に飛びますよ!

お楽しみに