2014年12月02日

今年の乾燥対策はこれ!

こんにちは!

保育士バンク!編集部佐藤です。

 

いよいよ冬の寒さも本格化してきましたね。

 

冬になって寒くなると気になるのは「乾燥」

 

空気が乾燥していると手・肌あれ、風邪をひきやすくなったり、火事など火の元にも注意が必要になってきます。

 

そんな困った「乾燥」

 

冬には加湿器を利用している方も多いと思います。

 

けれど水の補充や電気代、熱を持つ、手入れが面倒。

 

手入れを怠って加湿器がカビまみれ、

不必要に加湿してカビを放出しているだけなんていうことも・・・

 

強制的に加湿するので加湿効果は期待出来ますが少し面倒な側面も。

 

そこで!

 

乾燥には観葉植物を育ててみませんか?

 

植物は根っこから水を吸って葉っぱから蒸散させています。

当然と言えば当然ですがそれが天然の加湿器代わりになるんです!!

 

しかも観葉植物には乾燥対策だけでなく、色々なメリットがあるそう。

 

植物と言えば光合成。

つまり二酸化炭素から新鮮な酸素を作り出してくれます。

ホルムアルデヒドやタバコの煙など様々な有害物質も吸着して分解でき、新鮮で綺麗な空気にしてくれます。

 

マイナスイオンだってもちろん放出されていますし、

樹木からは「フィトンチッド」というリラックス成分まで出ているのでリラックス機能付きの空気清浄機!

 

さらに植物は空気を綺麗にするだけでなく、眼精疲労も癒やしてくれます。

 

植物の持つ緑色を眺めていると目の疲れを癒してくれ、脳の働きも活性化。

 

もはやどんな高級な空気清浄機を買うより高性能ですね。

 

と、空気清浄機会社の営業さんみたいになってしまいましたが、

適切な湿度、綺麗でリラックス効果の期待できる新鮮な空気、疲れまで癒してくれる。

 

とうのであれば試さない手はありません。

 

植物を育てるということは気分転換にもなりますし、

部屋のイメージを変えたり柔らかくすることだって出来ます。

 

毎日水をあげなくても枯れない植物たちもいますしあまり意気込んで育てなくていいのも魅力的。

 

実は編集部のデスクでも観葉植物を育てています。

IMG_3627.JPG

パソコンとにらめっこをするのに飽きてふと見上げた時には癒やされますよ。

毎日目を合わせていると愛着も湧いてきます。

 

みなさんも是非この冬は部屋で観葉植物を育ててみてはいかがでしょう??

 

+++++++++++++++++++++++++

☆☆保育士さんのための、求人サイト「保育士バンク!」☆☆

「保育士バンク!」には、全国の非公開求人が多数!

かんたん30秒登録で転職活動スタート!

+++++++++++++++++++++++++