2015年02月26日

知っていますか?ひな祭りはこうして始まった♪

保育士の皆さん、こんにちは!保育士バンク!編集部です。

もうすぐひな祭りですね♪

女の子がいる家庭ではひな人形を飾り、ひなあられやちらし寿司を頂きますよね。

1年に1回、当たり前のようにやっていますが、どうしてこのようなお祝いをするのか知っていますか?

今日はひな祭りの由来を一緒に勉強していきましょう♪

2d4eb6326c1c3c2189f2501539438787_l.jpg

日本でのひな祭りの始まり

ひな祭りは平安時代に中国から伝わってきました。

中国では毎年3月3日に、手足を洗い身を清めるという行事が古くからおこなわれていました。

それが日本に伝わった際に、災いは人形に託して川に流すという「流し雛」が行われるようになりました。

また江戸時代頃から人形で遊ぶままごとが女の子のブームとなったため、3月3日は「流し雛」ではなく人形を飾って子どもの幸せを祈る現在のひな祭りのスタイルに変わっていきました。

ひな人形は3月3日が過ぎたらすぐに片づけないとお嫁に行き遅れるという言い伝えがありますが、それは1日限定で行っていた流し雛の名残だと言われています。

 

ひな祭りと桃の花は古くからの切っても切れない関係?

ひな祭りは「桃の節句」とも言われ、桃の花を飾るのが一般的ですが、ひな祭りと桃の花にはどんな関係があるのでしょうか。

ひな祭りの始まりである中国では桃の花には魔除けの力があると考えられていました。

桃の花を飾り桃の花を浮かべたお酒を飲み、桃の葉を浮かべたお風呂に入る。

こうして中国の人々は3月3日に1年の無病息災をお願いしていたのです。

そのまま日本に伝来した後も、ひな祭りは桃の花と切っても切れない関係になったのです。

ひな祭りにちらし寿司やひなあられを食べるのはなぜ?

ちらし寿司

ひな祭りとちらし寿司そのものに関係があるわけではありません。

えび・・・ 腰が曲がるまで長生きできますように

れんこん・・・ 将来の見通しが良い

豆・・・ 健康でまめに働きまめに生きる

等、縁起の良い具材を使うことによって、祝いの席にふさわしい料理となったのでした。

はまぐりのお吸い物

昔から二枚貝は「お姫様」を表していました。

中でもはまぐりは対になっている貝殻でなければピッタリと合いません。

このことから仲の良い夫婦のことを表し、「一生一人の人と連れ添うように」という願いが込められています。

ひなあられや菱餅

ひなあられや菱餅に使われている3色には

ピンク・・・ 魔除け、桃の花

白・・・ 清浄、純白の雪

緑・・・長寿や健康、草萌える大地 といったそれぞれの意味があります。

また3色合わせて

「春近い季節に雪の下には緑の草が息づき始め、溶けかかった雪の残る大地には、桃の花が芽吹く」という意味があるのです♪

 

子どもたちにもひな祭りの意味や成り立ちを教えてあげ、一緒に楽しいひな祭りにしましょう♪