2015年02月02日

意外と知らない?!正しい節分!豆まきのやり方

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 2b6bfff4bd3dce90b9bcee94bfbd1273_l.jpg

明日2月3日(火)は節分の日ですね。節分といえば、豆まき!

豆まき、わたしも子どもの頃はとても好きな行事でした。

保育士さんにとっては今でも身近なイベントかと思います。

でも、どうして豆まきをするのでしょう。なぜ大豆を投げるのでしょう。

今回は明日の豆まきに向けて、そんな素朴な疑問を解決して、正しい豆まきをやってみましょう!

節分とは何?

本来、節分とは「季節」を「分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、

立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ前日、1年に4回あったものでした。
その4回の中で、立春は1年の始まりとして特に尊ばれた為、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになったそうです。

どうして豆まきをするの?

古くから季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられております。

新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、

宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになり、

その行事のひとつである豆打ちの名残りが「豆まき」なのです

どうして大豆なの?

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされているため、古くから神事に用いられてきました。

米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)ということにも通じています。

 

それでは、実際に豆まきをやってみましょう!

 ◆ 福豆を準備します

福豆とは炒った大豆のことですが、豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。

市販の豆まき用の豆は既に炒ってあるものがほとんどですが、念のため確認しておきましょう。

◆ 夜中に豆まきをします

鬼がやってくるのは夜中です。家では家族みんなが集合してから始めましょう!

保育園のイベントでは夜中に行うのは難しいですね(._.) 

ただし、必ずみんなが集まってから始めましょう!

◆ 「鬼は外!福は内!」と言いながらみんなで豆をまきましょう

本来のやり方では豆をまくのは家長であるお父さんの役目ですが、イベントとしては家族みんなでまいたほうが楽しいですよね!

 「鬼は外!福は内!」と言いながら奥の部屋から玄関への順番で鬼を追い出すようにして豆をまきます。

 「鬼は外」では窓や戸から外に向かって豆を撒き、窓や戸を閉めてから「福は内」と言って部屋の中に豆を撒いていきます。

ちなみに「鬼は外!福は内!」の言い方も地域によってそれぞれです。

中には「福は内!悪魔外!」や「福は内!鬼は内!」等と言う地域もあるみたいです。

 ◆ 最後に豆を食べましょう

豆まきが終わったら、一年間の厄除けを願い、自分の年齢よりも1つ多い数の豆を食べます。

 

以上が正しい豆まきのやり方でした!いかがでしたでしょうか。

ほとんどの家庭ではお父さんが鬼の役目をしていることが多いと思いますが

(保育園では先生が鬼役をやることが多いのでしょうか)

実は鬼役というのは必要なかったんですね!

 

家庭でも保育園でも、こういう季節行事は大事にしていきたいですね!

明日は楽しい節分にしましょう♪