2015年02月12日

もうすぐバレンタインデー♪男性保育士さん共感エピソード

保育士のみなさん、こんにちは!保育士バンク!編集部です。

2806dcd263b7da6b3161ca98e5a22248_l.jpg

もうすぐ2月14日「バレンタインデー」。

男性保育士さんは毎年そわそわする時期なのではないでしょうか。

子どもたちから貰う可愛いプレゼントは純粋に嬉しいという意見が大半です

実は困ったトラブルも様々あるようです。

実際に男性保育士さんにはどんな思い出があるのでしょうか。

男性保育士さんから教えてもらいました

【保育園でのバレンタインの思い出】いくつかご紹介していきます!

 

 こっそり貰っていたチョコレート、今では素敵な思い出

公立保育園にて勤務していたため、バレンタインデーに限らず、

基本的には子どもや保護者から何か物品を受け取ることには厳しく、

バレンタインにチョコを貰うのも原則NG。

そのため、あらかじめ受け取れないという話はしていましたが、

こっそりと持ってきてくれる子どもたちが多数いました。

持ってきてくれたチョコを見ると、一生懸命作ってくれたことがわかるような

手作り感のあるものもあり、さすがに断ることが出来ませんでした。

あまりオープンに貰わないようには心掛けつつ、結局は受け取っていました。

現在は全く別の仕事をしているため、

貰えるチョコはせいぜい1つか2つです(泣)。

あんなに沢山のチョコを貰えることは無いだろうなと感傷にひたる最近のバレンタインデーです(´ー`)

 お返しだけで〇万円の出費!!

私立保育園に勤めていますが、毎年子どもたち・保護者・同僚から

1日・2日では持ち帰れない位のチョコレートやお菓子をいただきます。

甘いものは嫌いではないですし、たくさん貰えて嬉しいのは本当です。

ただ、量が多いのでホワイトデーのお返しがものすごく大変なんです・・・。

職場の同僚へのお返しも一般の会社員であれば男性陣みんなから、

という形でお返しが出来るかと思いますが、

うちの職場に男性は自分だけ・・・。

ホワイトデーの出費は数万円にもなってしまいます。

お返しにケチったり、センスの悪いものをあげてしまうと

白い目で見られるかな・・・と小さなプライドもあるのですが。

また高級そうなものを頂いてしまうと、お返しの心配のほうが大きいのが実際のところです・・・

バレンタインが近づくと少し憂鬱になってしまうのは自分だけでしょうか。

 

良かれと思ってしたことが裏目に・・・

幼稚園に勤めている男性保育士です。

毎年バレンタインデーには子どもたち・保護者からチョコをもらいます。

最初はくれた子、一人ひとりにお返しを渡していたのですが、

それぞれにお返しを用意するのが大変というのと、

くれた子だけにホワイトデーのお返しを渡すのも不平等感があったので、

昨年はホールのケーキを3個用意し、

おやつの時間に少しずつ全員で食べました。

子どもたちはみんな喜んで食べてくれたので良かったなと思いました。

しかしその後に問題が発生したのです!

バレンタインの日に一番高級そうなお菓子をくれた子どもの保護者が

「うちは○○のお菓子をあげたのに、

何もあげてない子と同じ扱いなのはおかしい!」とクレームが入ったのです。

保護者の中には、「高いものをあげたのだから、うちの子どもを特別扱いして

ほしい」という気持ちがある方もいるみたいで・・・。

正直今年からはどうするべきか、頭を悩ませています。

 

楽しいはずのイベントがトラブルの引き金になることは

多々あるようですね(-_-;)