2015年04月03日

大人も子どももわくわく♪明日は皆既月食!

A.jpg

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

桜もあっという間に満開になりましたね。

保育園でお花見をやったり、週末家族で花見に出かける!という方も多いのではないでしょうか。

明日は半年ぶりとなる「皆既月食」があります。

見やすい時間に始まるので、天気が良ければ日本全国で観測する事が出来ます。

運が良ければ"月蝕花見"が出来るかもしれません!

 

普段なかなか自然と遊ぶ機会がないという子どもへ「天文観測」はいかがでしょうか。

自分の目で観測するととても神秘的で、宇宙の不思議への関心が高まります♪

ぜひ保育園で子どもたちにお話して、「どんな風だった?」と聞いてみましょう。

 

B.jpg

●月食とは?

 

・地球の「影」が月に映る

月食は満月が少しずつ欠けて行って、また元通りになる現象です。

欠けているように見えるのは「地球の影」が原因です。

 

月は太陽の光を反射して輝いており、その太陽と月の間に地球が入ると影が月に写ります。

この現象は太陽・地球・月が一直線に並び(満月)、さらに太陽の通り道(黄道)と月の通り道(白道)が一定の位置になった時だけに起こります。

 

・皆既月食になると「赤い満月」に

影がすっぽり覆ったら真っ暗になるの?と思うかもしれませんが、実際には「赤銅色」になります。

月蝕の間隠れていても、地球の大気があることで太陽光が少しだけ屈折して影の中にも入ってきます。

さらにその大気や空気中のチリによって白い太陽光が散らばり、赤っぽい色だけが月に届きます。

空気の状態によって毎回色合いが違うので観察してみましょう。

C.jpg

●明日は夜桜と赤い満月が見られるかも♪

明日の月食の時間がこちら!

 

・部分食の始まり...19:15

 

・皆既食の始まり...20:54

 

・皆既食の最大...21:00

 

・皆既食の終わり...21:06

 

・部分食の終わり...22:45

 

午後7時15分頃から月が欠け始め、午後8時45分頃から皆既食が始まります。

ピークが約12分間と今回とても短い事が特徴です。

初めから終わりまで月が見える場所なら日本全国同時に見る事が出来ます。

雲が無ければ南東の空が見えれば自宅でも外出先でも気軽に見る事が出来ます♪

月が欠けていると見つけづらくなってきますので、あらかじめ位置を確認しておきましょう。

 

当日国立天文台がネット中継で皆既月食の様子をお伝えします!

もしあいにくの天気になってしまったら、ぜひこちらからご覧ください。

 

国立天文台特設サイト「皆既月食を観察しよう2015」キャンペーン

http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20150404-lunar-eclipse/

  

次の月蝕は2018年1月31日の真夜中。桜の時期に起こるのは2032年!

桜と一緒に見られる貴重なタイミングですので、ぜひ親子でゆっくり空を眺めてみて下さい♪