2015年04月07日

保育士さんが『職場に復帰したい!』と思うとき

保育士の皆さん、こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 

保育士さんの中には、結婚や出産を機に退職し、今は別の仕事をしている方や専業主婦になっている方が大変多く、その数は60万人以上とも言われています。

この『潜在保育士』と呼ばれる方の多くは、保育士の仕事は大好きなので、出来るものなら復帰したいと考えています。

ですが現実には勤務時間・曜日の融通の利かなさ、お給料の安さ等さまざまな要因により、復帰は不可能と感じている方が大多数といいます。

そんな中で、一度は保育士を辞めたけど復帰した方に、どんな気持ちで復帰を決意したのか、教えていただきました!

 

■Aさんの場合

数年のブランクを経て、正職員として保育の現場に戻って働いてます。

そもそも私はストレートで保育士になったわけではなく、大学を卒業後、一般企業に就職した後に、『やっぱり保育士になりたい、一生の仕事としてやっていきたい』と思い保育士資格を取って転職をしました。

ですので、この先ずっと保育士としてやっていこうという想いや覚悟が他の方より強いのかもしれないです。

保育園は2園経験しましたが、どちらの園も普段はほぼ定時で帰れます。

持ち帰りの仕事はほとんどありませんし、事務作業も仕事の早い先生は午睡中に全て終わらせてしまいます。

ただ、遅番や会議の時はどうしても遅くなるので夫の協力は必要不可欠ですが、上手く協力してやっていけています。

正直、最初に勤めていた一般企業の方がプレッシャーが大きく精神的に辛かったため、今は大好きな保育の仕事が出来ているだけで、幸せを感じています。

 

■Bさんの場合

出産を機に退職しましたが、子どもが小学生に上がった後に復帰し8年が経ちます。

最初は臨時職員で復帰し、現在は正職員として働いています。

復帰しようと考えた理由は、自分に一番向いている職業だと思ったからです。

とにかく子どもたちがみんな可愛くて大好きなので、毎日関われるのが嬉しいと、今でも感じています。

また、世の中には色々な仕事がありますが、自分が生き生きと働ける仕事は多くはありません。

自分の娘に生き生きと働く親の後ろ姿を見せたい、それが一番の原動力になっているのかと思います。

 

■その他こんな意見もありました

・自分と同じように働くお母さん、育児に悩むお母さんの力に少しでもなりたいと思ったから

・一般企業に行っても、保育士の時のようにやりがいを感じれるのか疑問があったから

・「協力するからもう一度やってみたら?」と夫や家族からの後押しがあったから

 

共感できる意見も多いのではないでしょうか。

保育士の待遇の改善や、自分の子どもの預け先など問題はたくさんあると思いますが、

少しでも安心して復帰できる保育士さんが増えることを願っています(^^♪

 

af9980036446l.jpg