2015年05月10日

たのしい仕掛け絵本の世界

皆さん、「仕掛け絵本」はお好きですか?

私は昔から、飛び出す絵本や目の錯覚によって不思議な現象が起こる仕掛け絵本が大好きでした。そこで本日は、オススメのしかけ絵本を5作品、ご紹介します。

 

■きょうの おやつは

shikake.jpg

作:わたなべちなつ

 

おいしそうなホットケーキ...!!

というだけじゃない!じつはこの絵本、お皿は手前のページにしか描かれておらず、奥のページは鏡のようになっているんです。だから垂直に立てて上をつまむと、まるで本当にメープルシロップを注いでいるかのように見えてしまうんですね。驚きのアイデアです。とっても面白い鏡を使った仕掛け絵本ですね。

 

■オセアノ号、海へ!

shikake2.jpg

作:アヌック ボワロベール, ルイ リゴー

 

たのしいポップアップが満載の絵本です。海面の上、海面の下が見られるので、海の底をのぞき見している気分にもなれちゃいます。サンゴ礁のページはうっとりするほど綺麗!!クジラやお魚なども登場するので、海の生き物が好きという方にもおすすめ♪海を冒険しているような気分に浸れます。

 

■ようせいのおしろのぶとうかい

shikake3_.jpg

shikake3.jpg

作: マギー・ベイトソン

絵: ルイーズ・コンフォート

訳: かがわ けいこ

 

開いてびっくり!メリーゴーランドのようになっちゃうしかけ絵本です。とってもファンシーな妖精たち、仕掛けもとっても細かく、「どこが動くのかな?」とじっくり楽しめる絵本です。お人形もついているので、お人形遊びが好きな子はとっても気に入ってくれるのではないでしょうか?ようせいのしかけ絵本はシリーズもたくさんありますので、集めて並べてみるのも素敵ですね♪

 

 

■不思議の国のアリス

shikake4.jpg

shikake4_.jpg

作・絵: ロバート・サブダ

原作: ルイス・キャロル

訳: わく はじめ

 

これぞ定番、というようなポップアップ絵本。

ページをめくるたびに、不思議の国があふれ出てくるような演出は、大人も子どもに戻ったようにたのしませてくれます。特にトランプのページはどんな仕掛けなのかじっくりと眺めたくなってしまいます。魅力的な絵、お話し、しかけと3拍子そろった、一度は読んでいただきたい絵本です。

 

■光の旅 かげの旅

shikake5.jpg

作:アン・ジョナス

訳:内海 まお

 

最後は少し変わったしかけ絵本をご紹介。モノクロのシンプルな絵本と思いきや、ついつい唸ってしまうような仕掛けが。そう、まず『光の旅』を楽しんだ後にひっくり返して読むと、『かげの旅』がはじまるんです。なるほど、と思ってしまうこと間違いなしのしかけ絵本です。

 

本日は以上です。

是非手に取ってみてくださいね♪

★保育士さんの転職サイト 保育士バンク!

非公開求人多数、ぜひご利用ください!