2015年05月19日

ほかの子よりも発達が遅れているかも?と心配する親へ

こんにちは!保育士バンク編集部近藤です。

保育士さんなら経験があるのでは?と思うのですが、保護者さんから「子どもの成長が遅い」とご相談いただくこと、ありますよね。とくに言葉の発達に於いては、「もしかしたら何かの障害では?」と思ってしまう保護者さんもいらっしゃり、非常にデリケートな問題です。

本日は、そんな保護者さんを安心させるテクニックをご紹介いたします。

 

■まずは保護者の気持ちを汲みとる!

子育てについて悩みのある保護者さんの力になるのも、保育者の役目です。この場合は、まず保護者が何に焦り、心を痛めているのか考えてみましょう。

まず、保護者さんだってそれぞれの子どもに個性や、成長スピードの違いがあるのは重々承知のはず。

それを分かっていながら不安があるのは、他の子どもと比べたり、不安な気持ちを抑えられないからです。それをうまく汲み取ってお返事できるといいですね。

 

■言ってはいけない言葉

「とくに心配ありません、一人ひとりの個性です。」

と言い切ってしまうのは簡単ですし、間違った事は言っていませんが、保護者の立場からすればこの対応は間違いです。根拠もなく言い切ってしまっては、単に「やる気が無い人、子どもをあまり見てくれない人」と思われてしまう可能性もあります。不安を受け止め、まずは共感して悩みを分かちあうのが一番の近道です。

 

■客観的な事実に説得力を感じる!

まずは感情ではなく、客観的な事実を述べましょう。例えば、今日は「これ」をお話ししましたよ、というのが思いつけばベストですし、日常生活で問題が無いと思えるならば、それを素直に伝えます。

そして、言葉の発達についての正しい知識を保護者にも伝えます。まず「言葉をため込む時期」があり、それが満ちた後に言葉を話すようになる、といったように具体的に話してあげると良いですね。

 

■具体的な園での様子、最後に、これからの対応を述べる

「たしかに園ではあまり口数は多くないですが、お友達とは〇〇のお話しをして楽しそうでしたよ」など、具体的に子どもの様子について伝え、最後にこれからの方針を述べます。私も温かく見守っていきます、というような言葉や、〇〇ちゃんとお話しした事をお伝えしますね、と保護者を安心させるようにします。保護者一人ではなく、一緒に見守っていけたら、という気持ちが伝わるといいですね。

 

本日は以上です。また、保護者さんへの言葉がけについてお話しできたらと思います。