2015年05月25日

誕生日会後の連絡帳の書き方

 

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 

保育士さんの大切なお仕事の1つが「連絡帳の記入」です。

連絡帳は保護者が自分の子どもの生活や成長を知る手段として重要な役割を果たしています。

 

今日はその中でも、子どもが誕生会が終わった後の連絡帳の書き方をご紹介します。

 

 

●お祝いの言葉に成長を喜ぶ言葉を添える

 

お祝いの言葉と、この一年間で成長した所を書きます。

出来るようになったこと、心の成長、個性で魅力的な所などに着目して具体的に書きます。

 

○文例

 

・この一年で体力がつきました

 

この一年で体力がついて、休みも少なくなりました。

しっかり健康に育ってくれているので、担任としても本当にうれしいです。

 

 

・人を思いやる気持ちが強くなりました

 

いよいよ○歳ですね!この一年で人を思いやる気持ちが強くなりました。

年下のクラスのお世話も率先してやってくれています。

 

 

●誕生会での様子や誕生日のエピソードを書く

 

誕生会は一年で一度の自分が主役になる日♪

保護者が参加できないときはどんな事をしていたか、

またどんな表情を見せたいたかなど当時の様子を伝えましょう。

 

またエピソードを書くときは保育士とのやり取りで子どもが話してくれた内容や、

なぜ喜びや嬉しさに繋がったのかなど状況が伝わる様に分かりやすく書く事も大切です。

 

 

○誕生会での様子

 

・「おめでとう!」と言われてうれしそうでした

 

朝から会う人みんなに「きょう、たんじょうびだよ!」と言っていました。

みんなから「おめでとう!」と言われた時はとても嬉しそうでした。

 

 

・みんなのまえでしっかり発言できました

 

名前を呼ばれて少し恥ずかしそうにしていましたが、

お名前、歳、将来の夢をしっかり言う事が出来ました。

この日をずっと心待ちにしていた気持ちが伝わってくる、

立派なスピーチでした!

 

 

○誕生日のエピソード

 

・誕生日にうれしかったことを教えてくれました

 

○○ちゃんに「誕生日は何がうれしかった?」と聞くと

「パパやママと○○でケーキを食べたこと」と言っていました。

家族が大好きな○○ちゃんらしい素敵な気持だなあと、感激しました。

 

 

・自転車をもらった、と報告してくれました

 

「自転車を買ってもらった!」と聞きました。

前からずっと欲しいと言っていましたもんね!早く乗れるように練習したいと、ウズウズしていました。

 

 

いかがでしたか?

誕生日は保護者にとっても大切な節目の日。

子ども成長の様子が伝わる様に、具体的に書くことが大切です♪

保育士さんのお仕事探しは保育士バンク!

サイト上で公開していない非公開求人も多数!

専門のコンサルタントがあなたにぴったりの保育士求人をお探しします♪