2015年05月27日

夏の行事の準備、これを押さえておけば間違いない!

omatsuri_happi_girl.png

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

湿気が多い日が続き、いよいよ梅雨が近づいてきましたね。

でも、保育園ではすでに夏の行事の準備が始まっています!

 

七夕、プール遊び、夏祭り、盆踊り、夕涼み会...これからの季節はわくわくするイベントが目白押しです♪

 

今日は0~5歳児が楽しめる、保育園の夏祭り行事へおすすめのアイディアをご紹介します。

 

 

★磁石でゆらゆら魚釣り

 

画用紙で作った魚の頭にクリップを付けて

ビニールプールなどの中に並べて、磁石をつけた釣竿で釣る遊びです。

 

年長さんにおさかなの絵を描いてもらったり、

空き缶や空き瓶、長靴、流木など面白い物を加えても楽しいです♪

 

また、こっそりジバニャンやアンパンマンなどのキャラが紛れていたりするとより楽しく遊んでくれるかもしれません!

 

釣竿は小さな子には新聞紙で作った棒の先に磁石を付けた物を、

大きな子には紐がゆらゆらする物にすれば安全に、簡単に遊ぶことが出来ます。

 

 

★乳児へおすすめ♪ボールころがし大会

 

2歳児くらいから楽しめるボーリング遊びです。

色紙やペンで飾った空の牛乳パックやペットボトルを並べます。

色んな大きさのボールを用意しても楽しいです。

 

転がすだけだからカンタンと思いきや、意外と最後の1本を狙って倒すのは難しいもの!

力の入れ方や腕の振り方を覚えていき、自然と身体の発達にも繋がります。

 

 

★屋台ごっこの待ち時間におすすめ!じゃんけん大会

 

保育園の夏祭りといえば輪投げ、水鉄砲ゲーム、ヨーヨー釣り、ポップコーンやわたあめ、焼きそばといった

さまざまな屋台が並んで、まるで本当のお祭りの様に盛り上がる行事です。

 

お店に並んでる間も退屈しないイベントがあると子どもたちも喜びます♪

 

じゃんけんマンに勝ったらお菓子2つ、負けたら1つ、まだ飴など食べられない小さな子には赤ちゃんせんべいなどをプレゼントすると待ち時間の短縮にもなります♪

hanabi_girl.png

★クライマックスに園庭で花火

 

園舎に子どもたちを集めて、園庭に市販品の花火をずらっと並べて箸から順番に点火していきます。

必要な時は保護者のお父さん達の力も借りましょう!!

業者のイベントの様な迫力は無くても、子どもたちは十分見とれて、喜んでくれます。

火薬を扱うので十分安全面に配慮した上で行いましょう!

 

いかがでしたか?

子どもたちの心に残る様な、素敵な夏の思い出を作ってあげましょう♪