2015年06月03日

簡単七夕飾りで、夏感満載♪

tanabata_amanogawa.png

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 

本日は全国的に雨の予報となっています。少しずつ梅雨の足音が近づいてきましたね。

ジメジメした雨が続く...と思うと憂鬱な気持ちになってしまいますが、

梅雨の間にも楽しい行事があります♪

 

7月7日の「七夕」です!

 

みんなでお星さまの飾りを作ったり、

短冊を書いたり、浴衣を着たり...

 

七夕は初夏の彩りにあふれた、涼しげなイベントですよね。

 

今日は幼児でも簡単に作れる七夕飾りをご紹介します。

雨で外遊びが出来ない日は、きれいなお飾りを作って過ごすのはいかがでしょうか♪

 

 

★星のこんぺいとう

 

 

 

コロコロして、とってもかわいい星が簡単に作れます。

●材料

 

・折り紙...1~2㎝幅で、30~45㎝の長さの物

 

キラキラした物を使うと綺麗です。

また1㎝幅に切ったり繋げたりする手間が省けるので、紙テープもオススメです。

 

・のり

 

 

折り紙を1・2㎝幅に切り、のりで繋げて細長い紙を作ります。

セロハンテープを使うと繋げた部分が固くなってしまい、形が崩れてしまうので使わないようにしましょう。

 

端をひとつ結びにして星形の原型(ベース)を作ります。

この時あまりきっちり折って紙をつぶさないようにしましょう。

 

端の余った紙は裏に折りこみ、長い方をふんわりとさせながらベースに巻きつけていきます。

 

全部巻きつけて余った端は、また同じようにベースの中に折り込みます。

 

まとまったら指で押して膨らませていき、形を整えたら完成です♪

 

 

★立体的なおほしさま

 

 

星の形は折って作ると少し難しいですが、切る方法なら1枚で簡単に作れます♪

 

 

●材料

 

・折り紙...1枚

・はさみ

 

裏を上にして、半分に折って長方形にします。

 

右側を三角に2回折って折り目を付けます。

 

折り目を中心に左下の角を合わせて折り返します。

 

右側を中心に合わせて折り、さらに後ろに折り返します。

 

上下を間違えないように確認したら、はさみで切ります。

 

切り離した小さい方を開き、軽く山折りをして形を整えれば、

 

立体的な星の完成です!

 

 

切るときにはさみの角度を鋭角にする程、

星の角がとがってシャープな形になります。

 

好きなお星さまを作ってみましょう♪

 

 

★カンタン&かわいい彦星と織姫♪

 

 

 

●材料

 

・彦星用の折り紙...1枚

・織姫用の折り紙...1枚

・顔を描くための黒ペン

 

花柄など柄物の紙を使うと着物っぽい雰囲気が出ます。

 

 

・彦星の折り方

 

裏を上にして三角におり、折り目を付けて開きます。

 

向きを変えて、角を2㎝くらいの所で折ります。

 

全体を三角に折ったら裏返します。

そこから中央の折り目に沿って三角に折ります。

 

出来たら反対側も同じように折り、顔を描きこんだら完成です。

 

 

・織姫の折り方

 

裏を上にして三角に折り、折り目を付けて開いていきます。

 

向きを変えて、角を2㎝くらいの所で折ります。

 

全体を三角に折ったら裏返します。

右側の角を全体の3等分になるように折ります。

 

反対側もかぶせて折って行きます。

出来たらバランスを見ながら折り返します。

 

表に返し、顔を描きこんだら完成です♪

tanabata_sasa.png

 いかがでしたか?

とっても簡単なので、ぜひみんなで作ってみて下さい♪