2015年06月08日

小麦粉ねんどの作り方

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 

6月上旬を過ぎていよいよ梅雨入りも間近となってきました。

雨で外遊びが出来ないが続くと、子どもは退屈してしまうだけなストレスがたまってしまいます。

 

そんな雨の日の室内遊びに最適なのが「小麦粉ねんど」♪

 

安全・簡単に作れて1歳児頃から楽しく遊べる便利アイテムです。

 

基本的に小麦粉と水があればOKですが、

ひと工夫加えるとより質の良い粘土や、キレイな物が作れます!

 

今日は小麦粉ねんどの作り方をご紹介します。

 

 

 

小麦粉粘土で遊ぼうPart1

komugiko.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=6rESJcN32tw

 

 

 

●まるで料理!?小麦粉を練って作る!

 

<材料>

 

・小麦粉...適量

子ども1人あたり300g~500g程が目安

 

・水

適量

 

・サラダ油

少々

(ねんどがまとまりやすくなります。入れなくてもOK)

 

・塩

少々

(ねんどを傷みにくくします。入れなくてもOK)

 

・食用色素

(お好みで入れます)

 

 

必要な食器はボウル、皿など

 

 

★作り方

 

・小麦粉に塩を少し入れます。

傷みにくくするためのひと工夫なので、入れなくてもOKです。

 

 

・サラダ油を少しだけ入れます。

入れると粘土がしっかりまとまり、ボロボロ崩れません。

 

 

・水を入れ、混ぜる

少しずつ様子を見ながら入れ、ほどよく柔らかくします。

 

 

この状態からこねていくとと白いねんどが出来上がります。

ここで「食用色素」を入れると色とりどりのカラフルなねんどになります♪

 

 

・食用色素で色を付ける

 

色素をねんどにしっかり混ぜこみ、こねていきます。

よく混ぜこむ全体に鮮やかに色がつきます。

 

1色で全てのねんどを染める場合なら、

あらかじめ水に色素をまぜておくと作るのが楽です。

 

あとはひたすらしっかりこねていき、

粘土の質感になれば完成です!

 

 

 

●作るときの注意

 

汚れても良い服装に着替えてから始めましょう。

また場所はふきとれる床の上か、シートをひいた上でやると汚れません。

 

テーブルや床にこびりついた小麦粉ねんどは濡れ雑巾か濡らしたスポンジで

軽くこすると簡単に取れます。

 

また手についたねんども食器洗いスポンジで軽くこすると楽に落ちます。

 

 

●保管方法

 

密閉できるタッパーやビニール袋に入れて冷蔵庫で保管すれば2~3日は持ちます。

また塩を多めにいれれば約5日は持ちますし、子どもが食べるのを防止することもできますね。

 

●作品集♪

t02200220_0480048012405681275.jpg

△まるで本物みたい♪大人が手伝えば、こんなスイーツも作れます♪

mig.jpg △大人気の妖怪ウォッチ!こんな風につくれれば子どもたちも楽しんでくれそうですね。

 

o0400030012408801007.jpg△みんなでつくったら、こんなにカラフルな食卓ができあがりました。

dscn5310.jpg△クッキーのように、焼いて食べることも!食べる場合は塩もほどほどがいいですね

 

いかがでしたか?

柔らかくて小さい子でも作りやすいので、是非お試しください♪