2015年07月12日

レジンで作るかわいいヘアゴム

main_1573_51ebcea0-9784-4340-8c25-6eb10a9e7e56.jpg.jpg

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

7月も中旬となりました。梅雨明けが待ち遠しいですね!

今日はレジンで出来るヘアゴムアクセサリーの作り方をご紹介します。

まるでガラスのような透明感が涼しげで夏にぴったり♪100均で手に入る物で手作りできちゃいます!

 

●材料

DSC03278.jpg

・ヘアゴム用の台座(レジンを流しこむ土台になる物です。セリアで取り扱っております)

・ヘアゴム

・UVレジン液(樹脂)

・お好みで飾りたい物

ラメ、ビーズ、布、スパンコール、花、チャーム、コレージュペーパー、フィルム、

貝殻、ネイルシール、マニキュアなど

<道具>

・つまようじ、ピンセットなど

・はさみ

・ボンドなどの接着剤

・ペンチ、ニッパーなど

 

●作り方

・台座にパーツをセッティングする

台座に好きなパーツを用意して、配置を決めていきます。細かい部品が多いので、つまようじやピンセットを使うと便利です。

 

・UVレジン液を流し込んでいく

デザインが決まったらUVレジン液を流し込んでいきます。レジン液を入れた時に空気が入って気泡が出来る事があります。その場合はつまようじを使ってつぶしていきましょう。

 

★おすすめポイント

レジンは台座から表面張力でぷっくりと少し盛り上がる位がベストですが、一度にあまり大量に出すと太陽光で固まりにくくなってしまいます。

そこで、

img (4).JPEG

1回目...背景として布、台紙の貼り付けやマニキュアを塗って乾燥+レジンで硬化

2回目...メインのチャーム・花・シールなどをセット+レジンで硬化

3回目...ラメなど追加+最後のレジンで形を整えて硬化

 

など、回数や作り方はお好みですが、装飾・レジンを何回かに分けて使うと安心です。

状態を見ながら作れますし、層が分かれていると作品にも奥行きが出てくるのでオススメです!

 

・太陽光に当てて固める

太陽光(紫外線)が当たるところに置いて硬化させます。

硬化時間の目安は5分~30分ですが、

季節や天候、紫外線の強さ、作品の厚みや大きさによって様々です。

曇りの日は上手く固まらないので、しっかり太陽が出ている時間帯を選んで硬化させましょう。

 

また、完全に固まる前に指で触ってしまうと指紋が付いて残ってしまいますのでご注意ください。

つまようじなどを使ってそっと状態を確認しましょう。

img.JPEG

 

しっかり固まればレジンパーツは完成です!

 

・ヘアゴムに付ける

img (1).JPEG

レジン本体が完成したらヘアゴムにつけていきます。

台座部分にゴムを通し、ゴムのつなぎ目が中央にくるように配置します。

この時金具部分にボンドを少しつけておくとよりしっかりと固定されます。

 img (2).JPEG

セットされたらペンチで丁寧に閉じます。

ボンドがはみ出たらふき取りましょう。

金具を傷をつけないか不安な方は当て布をすれば安心です。

 img (3).JPEG

ボンドも完全に乾いたらオリジナルヘアゴムの完成です!

 
 

 

☆特別編☆シリコン型でつくるレジンを実際に作ってみた!


レジンアクセサリーには他にも様々なタイプがあります。その1つでシリコンで出来た型に流し込んで作る、という物があります。

レジンを使い量が多いので固まるのに時間はかかりますがこちらはパーツを並べやすく、色々な形で楽しめる、というメリットがあります♪

 

今回はこちらのシリコンタイプでレジン作りに初挑戦してみました!

rejin2.jpg

まずは購入した材料の紹介です。

キャンドゥのシリコン型・UVレジン液です。型は他にも楕円形、鳥などのタイプも売っていました!

 

rejin3.jpg

こちらはダイソーのレジン用のパーツです。透明なフィルムと台紙がセットになっています♪

フィルムから好きなパーツを切り取って使います。

rejin1.jpg

転写シール・封入用の金属パーツなどもあります!

 

rejin5.jpg

ダイソーなどで売っているマニキュアも、塗るだけで色とラメがキレイに広がるのでおすすめです!

 

 rejin6.jpg

以前手芸屋さんで入手した貝殻のかけら・ヒトデのパーツを使って、夏イメージに挑戦します!

まずはレジン液を流す前に大まかにレイアウトを考えます。

rejin7.jpg

大体決まったら早速レジン液を入れていきます。今回は3回+最後に少量1回で作りました。立体なのでまず最初はレジン層で固め、2回目でパーツを入れていきます。

3分の一くらい入れて、つまようじで平らになる様に広げていきます。

 

rejin8.jpgここでグリーンのマニキュアを1・2滴加えてみました。ラメがキラキラしてちょっといい感じになりました♪

入れすぎると レジンが固まりにくくなるので注意しましょう!今回は同時に加えましたが、レジンを一度硬化させて、マニキュアも塗った後に乾燥させながら重ねていくととより綺麗に仕上がります。

rejin9.jpg硬化を待つ間にパーツの準備です。こちらは転写シートです。切り離して固まったレジンの上に貼り、しっかりこすります。最後にフィルムをゆっくりはがせば、絵柄だけレジンにきれいにくっつきます。フィルムの様に周りの枠がないので、まるでレジンの中にそのまま浮かんでいる様に見えるのでオススメです!

 rejin11.jpg固まったら待望のセッティングです!!!マニキュアを加えつつヒトデや貝殻、星のパーツを好きなように並べていきます。

型にはまっている裏面の方へ向けてセットしました。

rejin12.jpg一度レジンを加え、硬化させた後でさらにフィルムを追加。今回はオシャレな文字を入れてみます。

 

 rejin14.jpg

 全部入ったらレジンを少し追加して表面を整えます。今回は夏のイメージなので気泡は残す事にしました!



こうして最後の工程も終わり、あとは固まるのをじっくり待ちます。

そして......



rejin15.jpgついに完全に固まりました!!おそるおそる型を動かすと、思いのほかスッとスムーズに外れます!

さすがシリコンですね♪

rejin16.jpgこちらが完成品です!文字がちょっと重なって見辛くなってしまいましたが、無事に完成出来て一安心です!!

100均のレジンでここまでしっかり作れたことにビックリしました...!



rejin17.jpg

初めてでも楽しく作れるので、とってもオススメです!

ここから穴をあけてストラップを付けたり、「ボタン足」というパーツを付けて裏に接着剤で付ければヘアゴムアクセサリーにアレンジする事が出来ます♪

rejin18.jpg

いかがでしたか?ぜひ夏休みの作品作りなどにお役立てください!

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。