2015年08月09日

夏にひんやり親子で楽しい♪寒天遊び

こんにちは!保育士バンク!編集部です!

今年は猛暑日が続きますね。体調を崩されない様、水分補給・エアコンの温度管理には気を付けましょう!

 

今日は夏におすすめの室内遊びをご紹介します。

最近保育園でも人気の「寒天遊び」です!

kanten1.jpg

「寒天遊び」とは食紅でカラフルに色を付けた寒天を使って、おままごとや型抜きを楽しむ遊びです。

子どもの体にも安全の素材で出来ているので安心して楽しめます!ぷるぷる、ひんやりした寒天の感触に癒されてみませんか♪

 

●材料

・粉末寒天

・食紅(赤、黄色、緑、青などお好みで)

・水

 

<道具>

・寒天を固める容器(ボウル、バット、お椀、ゼリーのカップ、牛乳パックなど)

・鍋

・おたま

 

基本の材料は寒天、水があればOKです!

子どもと一緒に買い物へ出かけて、好きな色の食紅を選んでも楽しいですね♪

 

●作り方

 ・まず寒天を固める容器に食紅を小さじ2分の1程入れておきます。

大まかでいいので、容器の大きさによって要れる量を調節しましょう。

 

kanten2.jpg

・準備が出来たら寒天を作って行きます。パッケージに書いてある作り方通りでOKです!

 

 <基本的な寒天の作り方>

500mlの水に粉末寒天1本を入れて、火にかけます。

かき混ぜながら溶かしていき、1・2分ほど沸騰させます。

吹きこぼれない様に注意しましょう。

kanten3.jpg

沸騰させたら火を止めて、そのまま食紅を入れた容器に流し入れます。

数時間程置いて冷やして固めれば完成です!

 

寒天は常温でも固まりますが、冷蔵庫で冷やしておけばひんやり感がぐっとUPするのでオススメです♪

 

 

 

●寒天遊びの楽しみ方

 

寒天遊び方は自由自在♪子どもとお話しながら楽しみましょう!

遊ぶときはテーブルに新聞紙などを敷いておくと汚れにくく、片付けやすいです。

 

・まずはさわってみる!

 kanten1.jpg

寒天を容器から出して、素手でさわってみましょう。ぷるぷる、ひんやりした感触がとっても気持ちいいです♪

両手に持ってにぎったり、ちぎったりしてみましょう!

 

もし、子どもが間違って口に入れてしまっても寒天なので安全です。

また味が無いので「まずい!」と分かるので、何度も口にする心配もありません。

 

・型抜きを使ってみる

kanten4.jpg

100円ショップで売っているクッキーの型などを使って色んな形を作ってみましょう。

お星さまやお花、ハートなど、とってもキレイに仕上がります♪

 

 

・おままごとをしてみる

 

おもちゃのおままごとセットや、要らなくなった食器を使って遊んでみましょう。

ご飯やデザートなど、寒天を使う事でより色んなものに見立てて楽しめるので子どもに喜んでもらえます!

 

 

 

★子どもの体の感覚や脳の発達に役立つ

 

寒天のような特徴的な感触を直に手で触れる事は、子どもにとって大切な経験となります。

手で味わった感覚は脳に伝わり、記憶されていきます。

色々な物の感触を小さい事から体験しておくと、新しい物を触るときに「これはこんな感触だ」という予測が付くよ

うになります。この様に小さいうちから自分で予測して危険を避ける能力を養って行く事が出来ます。

 

 

・遊び終わったら生ごみとして片付ける

 

最後にお片付けの注意です。

寒天はそのまま水道には流さないようにしましょう。

常温では水に溶けにくいので、詰まる原因となりますので、生ごみとして処理しましょう。

 

また、寒天は食材の1つです。子どもに海藻で出来ている事を教えてあげたり、食べ物に感謝する気持ちを伝えてあげましょう♪

 

 

いかがでしたか?

見た目も、触っても楽しい寒天遊びは子どもとのコミュニケーションにぴったりです♪

「つめたくてきもちいいね」

「きれいだね」

などとお話しながら、大人も子ども一緒になって遊んでみましょう!