2015年08月16日

大人も子ども楽しい!プラバンで作るオシャレタグ

puraban5.jpg

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 

「プラバン遊び」という物をご存知でしょうか?

プラスチックの透明な板に絵を描き、オーブンで熱を加え小さく縮んだ物でキーホルダーなどを作って楽しむ工作遊びです。

 

幼稚園のバザーや学校の文化祭で一度はやった事がある!という方が多いのではないでしょうか。

 

最近では作り方を色々工夫して、大人向けのキレイなアクセサリー作りに人気が集まっています♪

やり方次第では便利に使えるアイテムも作れます!

 

今日はかわいくて便利な「プラバンタグ」の作り方をご紹介します。

 

●材料

・工作用プラバン(100均)

・塗料(油性ペン、アクリル絵の具など)

・紐(タグに通す物、お好みで)

 

<道具>

・はさみ

・アルミホイル

・穴あけパンチ

・おはし

・本など平らではさめる物2つ

・オーブントースター

 

★プラバン作りのコツ

プラバンの素材は厚みがある方が初心者でも失敗しにくくなります!

熱で縮む時に曲がって歪んだり、つぶれてしまう場合があり、薄い物(0.2mm程)の方が起こりやすいとされています。

 puraban1.jpg

ダイソーのこちらの0.4mmタイプがおすすめです!

 

●作り方

 

○プラバンを切り取る

今回はタグの形なので長方形をベースの形で切りましょう。

熱で縮むと4分の1から6分の1程に縮むので、大きめに作ります。(縮み方は商品によってばらつきがあります)

また、プラバンの角は丸く切っておきましょう。そのままだと縮んだ後にかなり尖ってしまうので、丸くしておくと子どもにも安全です。

 

○プラバンに絵を描く

油性マジックなどでタグの名前や模様などを描いていきます。

子どもの名前を書いてネームタグにしたり、シャンプーやリンスなどお風呂の詰め替えボトルにしたり、調味料ケースとして作っても便利ですね。水に濡れてもOKなので色々な場面で使えます♪

 

絵が完成したらタグの上の方に穴あけパンチで穴を空けます。

 

 

★プラバン作りのコツ

色鉛筆やクレパスなどを使いたい時は、紙やすり(サンドペーパー)を使えば描けるようになります。

100均にあるサンドペーパーを使って、プラバンの両面をサンドペーパーでまんべんなくやすりがけをします。

十分こすれたら好きにお絵描きしましょう♪

 puraban2.jpg

やすりがけによってうっすらと白く、ぼんやりとした表面でオシャレですね♪

クレパスで背景、油性ペンで名前を書けばキレイに仕上がります。

 

 

puraban3.jpg

また、スタンプでデコレーションする方法もおすすめです。

ポイントは「多用途インク」というガラスや金属などにスタンプ出来るインクを使う事です。

puraban4.jpg

この多用途インクはセリアで購入できます!

スタンプを使えば手描きでは難しい細かい模様も簡単に出来ますね♪

 

 

○オーブンで焼く

※火傷に注意して、大人がやりましょう!

 

出来上がったらプラバンをオーブントースターで焼いていきます。温度に規定はありませんが、なるべく高い方が失敗が少なく出来ています。(160℃では歪みが曇りが出る場合が多く、195~220℃の方が歪みも少なく艶もキレイに出ています)

 

くしゃくしゃさせたアルミホイルを裏返し(光沢が無い面)にして、その上にプラバンを置いてオーブンに入れて加熱します。

 

入れるとすぐに変形して、反り返ったりしながら縮んでいきます。

見た目が大きく歪みますが、しばらくすると平らに戻るのであせらず見守りましょう。

 

平らに戻ったらすぐにはしで取り出し、本で挟んでしっかりプレスします!

この時冷めないうちに手早くやるのがポイントですが、火傷には十分注意しましょう。

 

冷えて固まれば完成です!

 

★プラバン作りのコツ

 

プラバンの加熱の工程は慣れが必要です。思い掛けない所で歪んでしまったりしてしまいます。

頑張って描いた作品が歪んでしまうと大変ショックですので、簡単な物で練習をして、コツを覚えてから作れると安心です!

 

 

●プラバンアイディア集

puraban5.jpg

お風呂場のボトルタグに♪タグを付けるだけでエレガントですね。

 puraban6.jpg

キッチンのタグにも!カップ型に作ってもかわいいですね。

 puraban7.jpg

番号札もプラバンのクリアー素材で作るだけでとってもオシャレです!

 puraban8.jpg

いかがでしたか?ぜひ親子で楽しんでみてください!