2015年09月19日

マニキュアとワイヤーだけでOK!簡単「マニキュアフラワー」

maniflower1.jpg

こんにちは!保育士バンク!編集部です。

暑さも過ぎ去り、いつの間にか夜は秋の虫の声が聞こえるようになってきました。

 

秋に何か新しいアクセサリーが欲しい...と思っている方、せっかくならハンドメイドアクセサリーを作ってみませんか?

今オススメなのが「マニキュアフラワー」です。

 

樹脂とワイヤーで作る「アメリカンフラワー」をヒントに生まれた造花アートです。

 

一見複雑そうに見えますが、ワイヤーをお花の形に曲げて、マニキュアを塗るだけ!親子で簡単に作れちゃいます♪

色んな色のマニキュアを使って、かわいいお花を作ってみませんか?(^^)

 

 

●材料

 d6cd10ee99555b6ffda0ab612dc20196_s.jpg

・マニキュア

・細めのワイヤー

 

<道具>

ペンチ

はさみ

 

鉛筆、箸などもあると便利(ワイヤーを巻きつける用)

 

 

●作り方

 

・ワイヤーを曲げて花の枠を作る

 drahtblumen11.jpg

まずはペンチを使ってワイヤーをねじり、お花の形を作ります。

花びらがあまり大きすぎるとマニキュアが塗りにくく、固まる前に剥がれてしまう場合があります。

花びら1枚の直径5㎜位がおすすめです。

 

 

・花びらの形を整える

 nl_blumen_draht.jpg

5枚の花びらが出来上がったらしっかり形を整えます。

1枚1枚が離れていたり、逆に重なっていたり、あまり形がばらばらだと色が付いた後目立ってしまいます。編み棒などを使って、ここで丁寧に直しておくことが大切です!

花びらに軽くカーブを付けると立体感がでてオススメです♪

 

また、中心に接着剤を塗って固定すると作業がしやすくなります。

 

 

・マニキュアで花びらを塗る

 tumblr_inline_n0cfr78ll91qfonlj.png

ワイヤーが完成したらマニキュアの膜を貼ります。

刷毛でワイヤーを繰り返しなぞっていき、マニキュアを乗せていきます。

 

※マニキュアは有機溶剤の匂いが強いので、使う時は気分が悪くならない様しっかり換気をしましょう。

 Flowers petals.jpg

もし塗るのが細かくて難しい時はマニキュア液に浸してつけるやり方がおおすすめです。

紙皿やラップなどにマニキュア液を出して、しっかり浸ければOKです。

 

 

・乾燥させる

 DSC_0113.jpg

塗り終わったら30分程乾燥させましょう。

スポンジや粘土、発泡スチロールに差すなど、ワイヤーを固定して乾燥出来るようにします。

 

 

完全に固まったら完成です♪

 

 



ピンクや白、ラメ入りのお花がとっても鮮やかですね♪

 



こちらはお花の形にはせず、1つ1つの丸をまとめてオシャレなピアスに!

 




 まるでステンドグラスの様な透明感がとってもきれいですね♪



 こちらは模様をきれいに描いて、見事なパンジーを作っています!

 

いかがでしたか?ぜひ一度お試しください♪