2015年11月09日

かわいいペープサート集♪


 
こんにちは!保育士バンク!編集部です。

 

「ペープサート」とは人形劇の一つです。

絵本のお話はもちろん、行事の由来を分かりやすく説明するときなど、様々な場面で役立ちます。

 

保育士さんにとっては欠かせないアイテムですが、

保護者の方々はペープサートという単語にはあまり馴染みがないかもしれません。

 

今日はペープサートの由来や色々な作品をご紹介します。

 

●紙と棒で作る紙人形劇

 

ペープサートは平面人形のひとつで、日本で生まれた「うちわ型人形劇」です。

2枚の紙に登場人物を描いて中心に竹串をはさんで貼りあわせ、絵の周りをうちわ型に切り抜きます。

 

人形をすーっと動かしたり、

くるっとひっくり返して表情を変えるなど、

 

簡単に作れるものでありながら物語の展開に合わせて色々な使い方が出来ます。

 

由来は1948年頃に児童文化財として誕生しました。

「ペープサート」という名前は「paper puppet theater」(ペーパー・パペット・シアター)=紙人形劇

を短くした造語で、ペープサート作家兼実演家の第一人者永柴孝堂氏(1909~1984)が命名しました。

 

永柴氏が子どもの頃街頭で見た「立絵」の手法を児童文化財として活かしたい、

という想いから新しい「ペープサート」という絵人形劇が生まれました。

 

永柴氏の見事な人形劇は子どもから大人まで幅広く人気となり、

今日の保育教材として欠かせないものとなっています。

 

 

●簡単に色んな人形が作れる!

 

紙と棒で出来るので工夫次第でいろんな人形が作れるのがペープサートの魅力です。

素敵なペープサート作品を紹介します♪

 inaiinai.jpg

「いないいないいばあ」の動物の形です。

「いないいない~...ばあ!」でクルッとひっくり返せば動物のお顔が見えます♪

ペープサートならではの見せ方ですね。

 

FsbJi.jpg

こんな風に表をシルエットにしても面白いですね♪

 

131843686798613109464_IMGA00721.JPG

こちらは動物の形に合わせて切っています。

立体的で臨場感が出るので物語にぴったりですね!

 

tanabatapepu.jpg

七夕のペープサートです。

織姫と彦星のお話も、実際に動かしながら見せればよりわかりやすくなります。

 

4142.png

こちらはアンパンマン♪

子どもたちの大好きなキャラクターを演じてあげれば喜ぶこと間違いありません!

 2009071323160000_t.jpg

こちらはいろとりどりのクレヨンたち!カラフルで、色に興味を持ち始めた子どもたちにぴったり!

pe6.JPG大人気のはらぺこあおむしも、ペープサートにすれば立体的にお話しができます。

pepe7.jpg

 こちらもかわいい!ペープサート♪

いかがでしたか?

次回はペープサートの作り方についてご紹介します!