2016年01月01日

お年始回りのマナーをおさらい!

10e8bab9ba50a4c316accdc7cd16a1e4_s.jpg

皆様あけましておめでとうございます!保育バンク!編集部です。

昨年は「保育士バンク!」をご愛願頂き、誠に有り難う御座いました。これまで同様お引き立て頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

新しい年の幕開け、上司・仲人・実家・親戚など日頃お世話になっている方へ向けて新年のご挨拶に伺う準備をされている方も多いと思います!

ここで改めて「年始挨拶回りのマナー」についてご紹介したいと思います!
もしかしたら、意外な所を見落としていた!なんてこともあるかも?

●「松の内」までが年始の挨拶

松の内と呼ばれる1月7日(水)までに年始回りはすませましょう!松の内とは、門松を飾っておく期間の事です。

●元日は避けましょう

1月1日は家族水入らず静かに過ごしたい日。なるべく避けて2日以降から始めることが無難です。この日しかなく予約をしていたら玄関先で挨拶程度にしましょう!

●挨拶に伺う時

元々は予約をする必要はない物ですが、近年予約を入れておくパターンが多いです。
現代では何かとお忙しい時もあるケースもありますので、伺う所によってはその都度予約を行うと安心です!

服装は正装(スーツや訪問着など)がお勧めです。時間は午前10時頃~午後4時くらいが良いとされていますが、お昼時(12時~13時)は食事の用意の気を遣わせかもしれませんので可能なら避けておきましょう!
また、お子さんが居る場合の同行も避けた方が良いです。お年玉の気を遣わせてしまいます。

玄関先での挨拶で留めますが、もし部屋に上がるよう強く勧められた場合なら大丈夫です。

長居はせず、30分位を目安に失礼しましょう。祝い酒を勧められた際は形だけでも受けましょう。
お歳暮を贈っている所には、基本的に手土産は不要ですが、贈っていない所にはお歳暮と同じ様な手土産を持参します。表書きは「御年賀」に!

●喪中の場合

自分が喪中なら年末までに喪中はがきを送っていれば年始の挨拶は必要ありません。先方が喪中の場合は喪中を見舞うという名目で挨拶を行って大丈夫です。

●迎える側

予約無しで来るという場合もありますので、一応の準備があると良いでしょう。お客様も正装で来ますので、それにふさわしい服装が理想的です。無理に部屋に上げる必要はありません!もし、部屋に通した場合は「祝い酒」でもてなしましょう。相手の好みを聞くのもOKです。年始挨拶が済んだら、家族をお客様に紹介します。
御年賀を頂いた場合のお返しは基本的に不要です。長く引き止めない様にして、お見送りは外に出て丁寧にいたしましょう。

昔よりは「年始回り」を行う習慣は減ってきましたが、やはり直接会って挨拶が出来ると新年から温かい気持ちになりますよね♪

本年も「保育バンク!」をどうぞ宜しくお願い致します。2016年も皆様にとって良い一年でありますように!