2016年01月15日

自由遊びの時間、保育士さんがサポートしてあげたいこと

子ども達がのびのびと遊びを楽しむ保育園での自由遊びの時間は、保育士さんにとって、それぞれの子どもの好きなこと、友達との関わり方などが観察できるタイミングでもありますが、一方で様々なトラブルに注意し、配慮が必要な時間でもあります。

危険な遊びをしていないかなどの安全面への配慮や、友達とのけんか、仲間はずれになってなっている子はいないか?など、全体をよく見て、トラブルが起きていればすぐに対応できるように注意しておくことが大切です。

また、子どもの遊びを通して、団体生活や対人面でのルールや、物の扱い方などを指導できるチャンスでもありますので、この時間に、ひとりひとりが何をしているか、まんべんなく気を配れるように努力してみましょう!


使った物をきちんと片付けられない

子ども達が色々な物や遊びに興味を持つ事は良い事ですが、
きちんと片付けずに、他の物を取り出して、また飽きて他のおもちゃへ・・
と、繰り返している場合は、片付けてから次の遊びができるように指導しましょう。

その際、「ちゃんと片付けなさい!」「片付けないと、次の遊びはダメ!」などと、頭ごなしに叱るのではなく、子ども自身が自発的に「片付けた方が良い」と意識させることが大切です。
「ご本がおうちに帰りたいって泣いてるよ〜。」
「お人形が、他のみんな(他の人形)と離ればなれでさみしいって!」
このように、物を擬人化することで、放置された物に子どもの意識を向けさせ、物を大切にする事を伝えて行くと効果的です。

また、片付ける場所には、目印になるシールを貼っておくなど、どこに何を入れたら良いのか、分かりやすくしておきましょう。

みんなの仲間に入れずにひとりで居る子どもに対して

仲の良いお友達同士やグループなど複数で遊ぶ子ども達と対称的に、ひとりでポツンとたたずんでいるような子どもがいます。
本当は参加したいけど、内気で仲間に入れて、と言えない場合は、保育士さんがフォローしてあげましょう。
まずは、無理に遊びを始めたり、どこかのグループに連れて行くのではなく、その子どもが何に興味があるのか、どんな遊びをしたいのかを探ります。
そばに行って「なにか遊びたい事はないの?」など声をかけてあげて、その子がしてみたい遊びが分かったら、じゃあ先生やみんなと一緒にやってみようか、など誘ってみましょう。

他の子の仲間に入れてあげたいときも、保育士さんが一緒に「●●ちゃんも入れてあげて」と声をかけてあげる方がスムーズに他の子ども達と遊び始められます。

ただ、中にはひとりで遊ぶのが好きな子どもも居ますので、
そういう子どもには無理強いはしないようにしましょう。
保育士さんがそばで見守りながら、話を聞いたり、楽しいね、など共感してあげましょう。

本やおもちゃを奪い合ってケンカになる

子ども達の中でも人気の本やおもちゃがあるので、遊びの時間には、ひとつの物を取り合ってケンカが勃発する、というのはよくあることです。
子どもが気付いていないだけで、同じ物が他にあればすぐに解決するのですが、ない場合は子ども達同士で納得できるように、保育士さんが仲裁役をしましょう。

なぜ貸したくないのか、どうしてそのおもちゃでなければ嫌なのか?
まずはどういった状況でケンカになっているのか、よく話を聞いてあげて、順番や貸してもらいたいときのお願いの仕方など、遊びでもルールを守らなければいけないよ、という事を指導して行きましょう。
また、先に遊んでいた子どもに、使い終わったら貸してあげてね、など約束をするのも効果的です。気持ちが落ち着いたら、意外にすんなり貸してあげたりするものです。


保育園での遊びの時間は、子ども達にとっても、家庭で遊ぶ時とは全く違った、団体行動を学ぶ大切な経験になります。
保育士さんにとっても特に大変な時間ですが、子ども達がルールを守ってお友達と仲良く出来るように、サポートしてあげましょう。