2016年02月02日

保育園のイベント!保護者に満足してもらうには?

保育園では、季節にあった行事が多数予定されています。

子どもにとって楽しいイベント事ですが、保育園の行事は保護者のためのものでもあります。

つまり、保護者に満足してもらえるよう、保育士は対応しなければいけません!

季節ごとのイベントの時の保護者対応について、

月ごとに見ていきましょう。

4月

■入園式

もっとも慎重に行わないといけないのが、新入園児の名前の読み方の確認です。

初対面で名前を間違ってしまうと、保護者は間違いなく不快に思うでしょう...

入園式の前に、何度も読み上げの練習をしておいてもいいかもしれません。

6月

■保育参観

保育園での子どもの過ごし方を、保護者に見てもらうイベントですね。

もっとも気をつけなければならないのは、子どもに対し適切な対応をすること、それだけです!

当たり前のことができていなければ、保護者は「本当にこの保育園大丈夫?」なんて思ってしまうかも...

■懇談会

保育参観の後、一緒におこなう保育園が多いようですね。

懇談会は事前準備が最重要!

保育園の保育方針や、ぜひ聞いてもらいたい子どもたちの普段の姿や行動を、前もってしっかりまとめあげておいてください。

保護者からの質問の時間が長くなることを考えて、短めに考えておいてくださいね。

7月

■お泊り会

夜まで大勢のお友達と一緒というのは初めてなので、子どもたちは大興奮!

普段ならしないような行動を突然取り出す子どももいますので、子どもたちの動向には気をつけましょう。

監督不行き届きで、子どもが怪我をしてしまったら、その後の保護者対応が大変になりますから。

10月

■運動会

保護者は何より子どもの勇姿を見よう、写真を撮ろうと必死になっていますので、少しでも子どもの姿が探しやすくなるような配慮を忘れずに。

子どもの出番がわかりやすいよう、出番の前のアナウンスははっきり言いましょう!

11月

■お遊戯会

ここでも保護者は、子どもをよく見られるか、良いアングルで写真が撮れるかに関心が向きます。

保育士みんなで、舞台の小道具や飾りなどを頑張って作っていたとしても、「写真を撮るのに邪魔!」なんて思われたら不満の種になりかねません。

保護者の視点に立ったお遊戯会になるように注意してください。

12月

■クリスマス会

サンタさんが登場し、子ども達にプレゼントを渡す時には、子どもの夢を壊さないように注意!

子どものイメージ通りのサンタさん像を崩さないようにしてください。

3月

■卒園式

お祝いイベントではありますが、子ども達との寂しいお別れイベント...

最後のイベントだからこそ、保護者にたくさんの喜びと感動を味わえる演出を加えてあげてください。

お別れの時には、子どもにも、保護者にも、保育士から感謝の言葉をしっかりかけてあげてくださいね!

 

いかがでしたか?

保育園でのイベントは、保育士にとっては気疲れの元ともなりますが、成功した時の喜びはまた格別!

保護者から「とっても良いイベントでした。ありがとう!」と言ってもらえるよう、がんばってくださいね!