2016年02月12日

保育園で働く栄養士...どんな仕事?求人はあるの?

保育園のお昼ごはんやおやつに関わる職員さんには、栄養士さんや調理員さんなどがいます。

保育園に子どもをあずける保護者にとって、子どもたちが保育園でとるご飯で、きちんと必要な栄養がとれているのかは気になるところ。
特に栄養士さんの存在は、保育園にとってすっごく大事なんです!

というわけで今回のコラムでは、
保育園での栄養士さんのお仕事の話を致します!

栄養士の仕事内容

先程も書きましたが、保育園でのご飯に関わる職員さんは、栄養士や調理員となります。

ですが、保育園には栄養士がいる場合も、いない場合もありますし、
調理員だけがいて栄養士がいない場合も、栄養士だけがいて調理員がいない場合もあります。

栄養士・調理員ともに揃っている場合、役割としては栄養士が献立を立て、調理員さんが調理となります。
片方しかいない場合には、栄養士が調理までおこなっていたり、調理員が献立を考えていたり...色々なケースがあります。

ただし栄養士の場合には、たとえ調理員が在籍していたとしても、調理を手伝ったりするケースがあるみたいですね。

保育園の栄養士の場合、自分で好きな食材を使い、自分好みの献立を考えられるというところは、大変魅力的なのではないでしょうか?
また、保育園の場合おやつの時間もありますから、イベントやシーズンにあわせたおやつを作ってあげられれば、子どもたちも喜ぶでしょう。

栄養士と園児との関わり

栄養士の場合、保育士ほどには子どもたちと関わることはありません。
ですが、保育士がお昼ごはんの時間や、おやつの時間に顔を出してお話してあげたりすることは、重要なようです!
どういう食事をとると、どんなふうに成長でき、元気に遊び回ることができるのか...
お昼ごはんやおやつの時間を食育にすることができるというわけですね!

また、保育園によっては、食事について保護者と一対一の話し合いを設けることもあります。
アレルギーや好き嫌いについての話ももちろんですが、
家での食事メニューなどを共有することにより、子どもにとってよりよい食事を考えることができるようになります。

もちろん保育園によっては、すべて保育士に任せ、保育士から栄養士に伝わるということもあるようですが
栄養士本人と保護者が直接会話できれば、それが一番保護者の心配を取り除くことができますよね!

保育園で栄養士として勤めるには?

保育園によっては、栄養士でも保育士と同じくらい、子どもたちと関わり、遊び、面倒を見る必要が出てきます。
子どもが好きで、なにより明るい人の方が保育園の栄養士に向いているでしょう。

ですが、既に書いたとおり、保育園に栄養士を置いていない保育園も多いですし、
前任の栄養士の退職でもない限りは、基本的には募集がおこなわれません。
「栄養士」としての求人はかなり少ないのが現状だといえるでしょう。

求人サイトに登録して気長に待つか、
知り合いの保育士がいる場合は、片っ端から紹介してもらうのも手かもしれません。(この場合、採用される可能性はかなり低いといえますが...)

今回のコラムはいかがでしたか?
子どもと関わるお仕事の一つとして、考えてみてもらえると嬉しいです!