2016年02月29日

保育士に英語力必須となる時代はやってくる?

学習指導要領が改定されたことで、いまや小学5年生から英語教育を受け始める時代になっています。

英語重視の流れを受け、子ども向けの英語教室が増加していますし、どこも大人気です。

さらには、英語教育を行う幼稚園や保育園も増えてきました。

そうなると気になるのは、「保育士も英語ができなければいけないのか」ということですよね?

今回のコラムでは保育園での英語教育について、

その実情と、保育士にとっての影響についてご紹介いたします!

保育園での英語教育ってどんなことをするの?

「英語教育」というと身構えてしまうかもしれませんが、

英語での毎日の挨拶や英語の歌、英語を使った遊びなど...

「英語の学習時間を設けています!」と謳っている保育園(または幼稚園)でも

"学ぶ"いうよりは"英語にふれさせる"という形式をとっているところが多いようです。

英語の時間を取り入れているだいたいの保育園で、英語授業の頻度は週に1~2回程度といったところでしょうか。

英語を教えるのは普通の日本人教師、という保育園も多いのですが、

園によっては外国人教師が月に何度か来てくれたり、

中には外国人教師が常駐しているところもあります。

日本人教師の場合、保育士がそのまま英語教師を務めている場合もありますし、専任の教師を外部から招くこともあるようです。

インターナショナル系の保育園の場合は、日常会話すべてが英語というところもあるようなので、

もし英語力を活かした保育士になりたいと考えている場合には、募集要項を詳しくチェックした方がいいでしょう。

保育士にとって英語は必須?

筆者個人としては「保育士ならば英語力必須」という時代はさすがに来ないと考えています。

幼少期に英語を教えるとデメリットが大きいとして、英語教育を嫌がる保護者もかなりの数いるからです。

デメリットとしては、

・中途半端な英語漬けにすることで、母国語である日本語の発達に影響が出る

・幼少期は英語が喋れても、小学校中学校と過ごすうちにすっかり英語が抜けてしまい、結局英語を喋れない大人になる

などです。

とは言っても、幼少期の方がスムーズに英語に親しむことができ、英語を聞き取れる耳になるという考えもあり、

今の教育業界の大きな流れとして、英語学習を押し出す保育園の方が人気になる傾向があります。

英語力があった方が求人応募できる幅が広がるのは事実でしょう。

書類や面接で「英語には自信があります!」と言うためには、留学経験やTOEIC、英検などの実績が必要となるでしょう。

留学はなかなかハードルが高いと思いますから、TOEICや英検にチャレンジしてみるのが一番とっつきやすいでしょうか?

その他「保育英語検定」という資格も存在します。

簡単にいえば、保育現場で使う英語を扱える...という資格となりますが、これについては、別コラムでまたご紹介します!

いかがでしたか?

英語に苦手意識がある方も多いでしょうから、ゼロの状態から無理に英語を学ぼうとする必要はないと思いますが、

もともと英語が得意な方でしたら、保育現場でも英語力を活かせるよう、さらに磨きをかけてみてはいかがでしょうか?