2016年02月19日

手遊びコラム♪「コンコンきつね」

こんにちは保育士バンク!です。

 

 

 

 

本日の手遊び動画は【コンコンきつね】

コンコンきつねは子どもたちの前でお話を始める前や子どもたちの注目を集めたい時にやるのがオススメの手遊び歌です。

 

さてそれはどういう意味でしょうか?

 

まずは動画を見て確認してみてくださいね!!


とっても可愛い手遊びですよね。

歌詞も確認してみましょう。

 

 

【コンコンきつね】

 

こっちからきつねがやってきて

 

かわいくなきました

 

コン コン

 

こっちのきつねもでておいで

 

ランラ ランラ ランラ ランラ ラン

 

こっちからきつねがやってきて

 

かっこよくなきました

 

コン コン

 

こっちのきつねもでておいで

 

ランラ ランラ ランラ ランラ ラン

 

両方からきつねやってきて

 

しずかになきました

 

コン コン

 

これからお話はじまるよ

 

ランラ ランラ ランラ ランラ

 

てはおひざ

 

 

いかがでしょうか?覚えられそうですか?

■「コンコンきつね」手遊びのポイント①

<<みんなをまとめたい時に♪>>

この手遊び歌を意外!と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そう、この手遊び歌、珍しく静かに終わるんです。

 

きつねが出てきて賑やかになるのかな?

と思ったらみんなで集まって「てはおひざ」という風に終わります。

そのため、最初は子どもたちと盛り上がり、最後にはちゃんとまとめる事ができます☆

朝の会、帰りの会など、お話しを聞いてほしい時の前にやると良いですね。

 

■「コンコンきつね」手遊びのポイント②

<<大切なのは、ギャップ!?>>

この手遊びのコツは初めのフレーズでしっかりと盛り上がる事♪

子どもたちがこの手遊び歌にに入り込めば入り込むほど最後の「てはおひざ」が効いてきます。

 

「ギャップ」つまりは緩急をつけるとより楽しくなります。

賑やかな子どもたちを一度楽しく盛り上げてからまとめられるというのは素敵ですよね。

 

■「コンコンきつね」手遊びのポイント③

<<自分なりのアレンジをしてみよう♪>>

子供たちが手遊びを覚えてくれたな、と思ったら、アレンジを加えてみるのも楽しいですね。

きつねを「◯◯くん」とか「◯◯ちゃん」に代えると、特別感がでます。

ぜひ、色々なパターンを試して見て下さいね。

 

それでは次回をお楽しみに!