2016年03月30日

認可保育園への転職

保育園には認可保育園と、認可外保育園の二種類があります。

本日のコラムでは、認可保育園への転職をお考えの方に、

そのメリットや特徴をご紹介いたします!

認可保育園ってどんな保育園のことを言う?

認可保育園とは、国や自治体が定めた基準を満たし、認可を受けている保育園のことで、公立保育園と私立保育園に分けられます。

公立保育園は、運営そのものを自治体がおこない、

私立保育園の場合は、社会福祉法人などが運営しています。

では、認可外保育園とは?

認可外保育園とは、国や自治体が定めた基準を満たしていない保育園です。

そのため認可保育園に比べて設備が不十分だったりするのですが、

一方で、民間の団体や個人運営のところが多いので、

24時間対応」だったり

「延長保育の時間が長め」だったり...

共働きの保護者にとっては、認可保育園よりありがたいサービスをしてくれていることも多いです。

認可外保育園の具体例としては小規模保育園(定員が19人以下)や、企業内保育室、ベビーホテル(一時預かりがメイン)などがあげられます。

認可保育園...公立保育園への転職の場合

認可外保育園の説明も終わったところで、

いよいよ認可保育園への転職のお話です。

最初の方でも言ったとおり、認可保育園には公立と私立の二種類があります。

転職先としての公立保育園のメリットは、なんといっても給与面において安定していることでしょう。

比較的賃金の安い職業と言われている保育士ですが、

公立保育園で働く保育士は、所属する自治体の"公務員"という立場になりますので、

安定した公務員の給与体系を享受することができます。

育休などの福利厚生面も充実していますので、長く働くことが可能です。

認可保育園...私立保育園への転職の場合

たいして私立保育園の場合ですが、公立の保育園よりも給与が低い傾向にあります。

ただし、お給料は転職先の保育園ごとに大きく変わりますし、

加えて経営方針やイベントの運営方法、育児方針なども保育園ごとに大きく変わることが

私立保育園を転職先として選ぶ際の最大の特徴になるでしょう。

自分の目指す保育士像に近づけるチャンスは、私立保育園の方があるともいえます。

また、公立保育園と違って、私立保育園の場合は転勤や異動がありません。

一つの環境で長く職を続けることができる点も、私立保育園のメリットと言えるでしょうか。

 

認可保育園への転職について、メリットと特徴をご紹介いたしましたがいかがでしたか?

保育園には様々な業務形態がありますので、

自分の理想とする保育士のかたちをしっかりと見定めて

転職活動頑張ってくださいね!