2016年03月28日

手遊びコラム♪「まつぼっくり」

こんにちは!保育士バンク!です。

 

本日ご紹介するのは、秋におすすめの手遊びで、子どもたちが大好きな「アレ」が主役です。

「アレ」とは・・・そう、【まつぼっくり】です!


 

さっそく歌詞を見ていきましょう。

 

【まつぼっくり】

 

まつぼっくりが あったとさ

 

たかい おやまに あったとさ

 

ころころ ころころ あったとさ

 

おさるが ひろって たべたとさ

 

もぐっ!

 

いかがでしたか?おさるさんも登場する、とってもかわいい手遊びですよね。

 

■「まつぼっくり」手遊びのポイント①

<<歌詞に合わせたふりをつけよう!>>

 

歌の冒頭は、両手を合わせ、まつぼっくりをイメージしてすこし膨らませます。

たかいおやまで、頭の上に△の山をつくり、ころころで、転がっているイメージの動きをします。

歌詞に合わせたふりをすることで、子どもたちにイメージを伝えることができますね!

 

■「まつぼっくり」手遊びのポイント②

<<おさるさんは可愛く!>>

 

「もぐっ!」という、衝撃のラストを迎える(?)この手遊び、途中で出てくるおさるさんがポイントになっていますよね。

おさるさんがまつぼっくりをもぐっと食べる様子、子どもたちにとっても衝撃なのではないでしょうか。

なかなかまつぼっくりを食べる習慣はないですもんね。

ぜひ、もぐっ!をかわいく、子どもたちと一緒にやってみてくださいね。

 

 

■「まつぼっくり」手遊びのポイント③

<<「さ」を抜くアレンジ!>>

 

この手遊びの歌詞には、語尾に「さ」がついていますよね。

この「さ」を抜いて歌ったり、逆に「さ」だけ歌ったりして遊ぶのも楽しいんです。

ちなみに、おさるの「さ」も含みますので、ついついおさるさんの「さ」だけ普通に歌ってしまったりします。

子どもたちと一緒に盛り上がれる、とっても楽しいアレンジです。

 

保育士バンクでは、保育士さんの求人以外にも、日々のお仕事に役立つ手遊び動画も配信しています。

次回の手遊び歌の紹介もお楽しみに!