2016年04月05日

子ども・子育て支援新制度とは

『子ども・子育て支援新制度』が、2015年から施行されることとなりました。

この新制度は、2012年の8月に成立した「子ども・子育て関連3法」に基づく制度です。 関連3法とは、
◯子ども・子育て支援法
◯認定こども園法の一部改正
◯子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律
のことで、基本的には子育て支援の質の向上や量の増加を目的として制定されました。

今回のコラムでは、子ども・子育て支援新制度について
その主なポイントと、新制度下での保育・教育施設の利用の仕方をご紹介いたします!

子ども・子育て支援新制度のポイント

①認定こども園の普及

「認定こども園」とは、幼稚園と保育園の良い所を一つに合体したような施設です。

認定こども園自体は今までももちろんあったのですが、
幼稚園と保育園両方の認可を取らなければいけないという一面により、 なかなか普及しないままでした。

この度の新制度により、これまで二重になっていた認可や指導監督、財政措置、利用者負担金などの一本化が可能となったので、
認定こども園が今後どんどん増えていくことが予想されます。

②施設型給付及び地域型給付制度の確立

施設型給付とは、保育園、幼稚園、認定こども園に対する財政支援を、
"施設型給付金"として一本化する給付制度のこと。

地域型給付とは、今までは認可外だった小規模保育園などに対し、
市町村が新たに認可をし、補助金を出す給付制度のこと。

子ども・子育て支援新制度下では、この二つの給付制度の組み合わせによって、
保育の量と質を確保し、かつ、よりスピーディーな給付が可能となりました。

新制度下での保育・教育施設の利用方法

子ども・子育て支援新制度を利用するために保護者がしなければならないことは、
「保育認定」または「教育標準時間認定」を受けることです。

まず保育認定についてですが、幼稚園、保育園、認定こども園などの利用を希望する場合、
3つの認定区分により、認定を受けることになります。

◯1号認定(教育標準時間認定)
子どもが満3歳以上で、教育を希望する場合。
幼稚園もしくは認定こども園を利用することになります。(今までの幼稚園児に相当。)

◯2号認定(保育認定)
子どもが満3歳以上で、就労や疾病などの「保育の必要な理由」に該当し、保育を希望する場合。
保育園もしくは認定こども園を利用することになります。(今までの年少~年長の保育園児に相当。)

◯3号認定(保育認定)
子どもが満3歳未満で保育を希望する場合。
保育園や認定こども園、少人数の地域型保育を利用することになります。(今までの0〜2歳の保育園児に相当。)

さらに2号・3号に認定された場合は、
保護者の働く時間によって「保育標準時間(1日11時間まで)」と「短時間(1日8時間まで)」に分けられます。

以上のような認定区分を元に、利用手続きをしなければならないのですが、
1号認定の場合は、直接幼稚園や認定こども園に、
2号・3号認定の場合は、市町村に申請が必要というように、申請先が違ってきます。

いかがでしたか?
保育士に直接関わりのない話もあるかもしれませんが、
保護者と会話をする上で、知っておかなければならない知識ばかりのはずですので、ぜひ覚えておいてくださいね!