2016年05月09日

保育士証の氏名変更の方法は?

保育士資格の所有を証明する「保育士証」。

結婚などの事情で氏名が変わった場合は、免許証や保険証、銀行口座など様々な名義変更が必要になりますが、それと同様に、保育士証も名義変更が必要になります。

氏名が変わることは、そうそう頻繁にあることではありませんので、どんな手続が必要なのか迷ってしまいますよね。

今回は、「保育士証の氏名変更」についての、手続き方法などをご紹介いたします。

そもそも、保育士証とは?

保育士証とは、保育士さんなら御存知の通り、保育士資格を取得した後に交付される「保育士である」という証明書です。

児童福祉法の改正により、平成151129日から保育士の定義が変わり、保育士と名乗って仕事をしたり、自分が保育士の資格をもっていることを証明するためには、新たに都道府県が備える保育士登録簿に登録し、都道府県知事が発行する「保育士証」の交付を受けることが必要となりました。これを保育士登録といいます。

また、これにより、無資格者が保育士を名乗ることが禁止され、法律に違反した者には罰則が科されることとなりました。

ですから、保育士資格を取得し、保育士と働くためには、必ず必要な証明書となりますね。

保育士証の氏名変更に必要な書類

保育士証の氏名変更をする場合、

まずは、保育士資格の名義変更に必要な「登録変更等の手引き(保育士証書換え交付申請用)」一式を登録事務処理センターから郵送で取り寄せます。

【取り寄せに必要なもの】

・返信用封筒(A4サイズ)1枚

・返信用封筒に貼る切手

封筒には、自分の住所、郵便番号、氏名を記入しておきます。

また、赤字で「書換え手引き1部」と記入しておくと良いでしょう。

1部取り寄せの場合140円分、速達にする場合はプラス280円の切手を貼ります。

・送信用封筒

サイズは返信用封筒が入る大きさ。返信用封筒は折り畳んでも大丈夫です。

送信用封筒にも赤字で「書き換え手引き1部」と記入します。

・送り先住所

102-0083東京都千代田区麹町1-6-2アーバンネット麹町ビル6 登録事務処理センター

返信用封筒を入れて重さを量り、必要な金額分の切手を貼って、ポストに投函しましょう。

【手引書が届いたら】

1.手引きに同封されている「保育士証書換え交付手数料払込用紙」に必要事項を記入後、郵便窓口にて支払、振替払込受付証明書を受け取ります。

2.保育士証書換え交付申請に必要な書類を手引きに沿って用意しましょう。

・手引きに同封されている「保育士証書換え交付申請書」

・振替払込受付証明書

・自分の保育士証

・現在の戸籍抄本(戸籍の個人事項証明書)

必要書類が準備できたら、再度、

102-0083東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル6 登録事務処理センター

に、簡易書類郵便で郵送します。

不備などがなければ、通常2ヶ月程度で、新しい保育士証が手元に届きます。

変更手続きをする前に気をつけたいこと

保育士証の氏名変更をする前に、以下の項目をクリアできているかチェックしましょう。

  • ・平成15年5月以降に登録手数料4,200円を郵便局窓口に払い込んだことがある。
  • ・登録事務処理センターに保育士登録申請書を提出したことがある。
  • ・手元に保育士証がある。

以上の項目に当てはまる場合は、以前に保育士の登録がされていることになるので、上記の手続きで問題ありません。

もし、漏れがある場合は、保育士登録自体が完了していない可能性があるので、もう一度確認しましょう。

また、保育士証の氏名が旧姓のままで現在の氏名と違っていると、保育士業務に就けない場合があるので、結婚して氏名変更せずに転職や再就職活動をして、就職直前になって慌てる、なんてことのないように注意しましょう。