2016年05月19日

保育士の転職目的は? −住環境−

毎日働く社会人として、家から勤務先の保育園が遠ければ、それは少なからずストレスになるでしょう。

保育士になりたての頃なんかは「保育士として働けるなら、少しくらい遠くても大丈夫!!」と思っていたかもしれませんが、

働き続けていれば、どうしたって長い通勤時間は苦痛になっていきます...

そこが都会なら、毎日の満員電車はうんざりするでしょうし、車通勤だとしても、もし渋滞でもしてしまったなら普段の倍の時間がかかることもありますよね。

通勤時間の苦痛を取り除くには引っ越しが一番ですが、それだってそう簡単にできるものではありません。

そうなると、家の近くの勤務先に転職することが一番いい!ということになってしまいます。

今回のコラムでは、自宅から近い職場への転職について、ご紹介いたします!!

どうやって勤務地が近い職場を見つけるのか?

家から近い転職先の見つけ方ですが、いくつか方法はあります。

まずはハローワークを訪れたり、新聞の求人欄やあなたの家のある地域の情報紙などを手にとって見たりしてみてください。

特に地域の情報誌には、地域に特化しているだけあって、家からかなり近い保育園の求人が載っていることもありますので、マメに見てみましょう。

他にも、地方自治体の支援制度を利用するという手があります。

保育士の数が不足しているような地域であれば、地方自治体が保育士の就職支援に積極的だったりしますから、

住んでいる市区町村のHPなどをのぞいてみて、保育士の支援制度や求人情報がないかチェックしてみてもいいですね。

...ですが、こういったところに掲載されている求人は、基本的に条件がよくありません。

求人サイトに登録しよう!

求人サイトに掲載されている求人は、まず間違いなくハローワークなどにある求人よりも条件がいいです。

求人にお金をかけられる保育園ということは、それだけ経営状況もよいということですからね。

求人サイトは、自分が住んでいるエリアの求人が多い求人サイトを選ぶか、地域設定をするようにしましょう。

そうすれば、家から近い保育園の求人を見つけられる可能性が上がります。

無料で転職コンサルタントに相談ができる求人サイトならば、そのコンサルタントに勤務地の希望を伝えておいて、

希望に沿う求人を探してもらうというのもありですね。

 

いかがでしたか?

実際問題、家からどれぐらいの通勤時間が許容範囲なのか...というと、それはもう各々の捉え方によってしまいます。

1時間以内であれば十分!という方もいますし、30分を切らないと辛い、という方もいますね。

ただし言えるのは、あまり近すぎるのも考えものだということ。

保育園の近くに住んでいるせいで、同じく近所に住む保護者にスーパーでばったり...なんてことがあったら、ちょっと嫌ですからね。

自分の中で「◯◯分以内」のように基準をしっかり決めてから、転職活動をすることをオススメいたします!