2016年06月04日

保育士の面接時の服装はスーツ?私服?

転職面接の際、服装でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一番オーソドックスで、かつ一般常識から照らしあわせてみても問題ないのはやはり「黒スーツ」。

ですが、まれに「私服でお越しください」と言われてしまうこともあります。

そういった場合、どういった格好で面接に臨むのが一番印象がいいのでしょうか?

というわけで今回のコラムのテーマは"面接時の格好"です!

服装以外にも気をつけるべきことを、丁寧に説明していきますよ!

面接で一番大事なのは「清潔感」!

面接において、身なりは大変重要なポイントです。

身なりで第一印象が決まってしまい、その印象のまま面接が始まるということを考えれば、

きちんとした服装で面接に臨まないと、悪い結果になる可能性のほうが高いということはおわかりいただけますね。

そして面接官に「きちんとした人だな。」という第一印象を与えるには、ずばり"清潔感が感じられる身なりか"ということが重要!

特に保育士の場合、毎日保護者と顔を合わせるわけですから、

面接の場ですら清潔感が感じられないのなら、普段の保育の時も押して図るべきと考えられてしまうでしょう。

家を出る前に鏡の前に立ち、自分の身なりが清潔感を感じられるか、必ずチェックしてください!

具体的に"清潔感のある服装"とは?

ではここからは、具体的にどういった服装が"清潔感のある服装"なのか、

ひとつずつ丁寧に説明していきますね。

・スーツ?私服?

「私服でお越しください」と言われてしまった場合、基本は黒スーツで問題ありませんが、

どうしてもスーツが用意できない場合は、最低限ジャケットは着用してください。

そのジャケットも、黒やグレー、ブラウンなど、地味な色をチョイスしてください。

また、スカートの場合は短すぎるものはNGです。

膝丈ぐらいがちょうど良いのではないでしょうか。

・シャツ

ブラウスは白やパステルカラーなど、できるだけシンプルなものにすると清潔感が出るでしょう。

おしゃれに着こなせるブラウスもありますが、胸元が開きすぎたりしていないかどうか、念のため確認して見たほうがいいですね。

・靴

ヒールが高すぎない、シンプルなパンプスにしてください。

面接前日に汚れがないかチェックして、できれば磨いておいたほうがいいですね。

意外と足元は見られているので、気を抜かずに!

・髪型

明るい茶髪の人は、黒髪かナチュラルブラウンになるように染め直しておいてください。

ロングヘアの方はすっきりと結びましょう。

前髪が目にかかる場合は、ピンでとめたり、面接までに切っておきましょう。

前髪で目が隠れると、表情が暗く見えますので注意!

・メイク

ナチュラルメイクを心がけてください!

派手なアイシャドウや濃すぎるチークは、清潔感から遠のいてしまいます。

 

いかがでしたか?

今回のコラムを参考にして、面接に臨んでみれば、見た目は問題無いでしょう!

面接の前日には、鏡を見て自分の格好を見つめなおしてみてくださいね!