2016年06月29日

児童発達支援

児童発達支援とは

児童発達支援とは身体障害、知的障害、精神障害、発達障害のある未就学の子供達を対象とした支援、またはその子供達が通うための施設の事で、療育を必要とする子どもと、発達に心配を抱える保護者の方に対する事業の事です。近年、このような子どもが増加し、保護者の方からもニーズが高まっています。施設では、日常生活の中での基本動作や知識や技術を学び、集団生活に適応できるように支援を行っています。

児童発達支援施設の主な種類

児童福祉施設の中には、「児童発達支援センター」と、その他「児童発達支援事業」に分けられており、さらに児童発達支援センターには「福祉型」と「医療型」の二つがあります。

それぞれの違いとして、簡単に言えば、児童発達支援センターでは、施設の持つ専門的な機能を生かし、地域の障害のある子どもやその家族への相談、障害のある子どもを受け入れている保育園などへ援助、助言を行うなど、施設に通う子供達のケア以外の支援も行っています。また、医療型については上肢、下肢または体幹機能に障害のある未就学児が対象で、児童相談所、市町村保健センター、医師などより療育が必要と認められた場合は手帳の有無を問わず利用できます。

また、その他の支援として、デイサービスを行っているところもあります。

それに対し、児童発達支援事業は施設に通う障害のある子どもたちが日常生活における基本動作や知識技術を身につけ、集団生活に適応できるよう支援するための通所施設のことであり、施設に通う子どものケアを中心に行っています。また、放課後デイサービスとの違いは、対象年齢によって区別されています。放課後デイサービスが原則就学児童なのに対して、児童発達支援は、保育園などに通う年齢の未就学児を対象としています。

児童発達支援の内容

次に児童発達支援の内容についてですが、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害の未就学児が対象となり、児童相談所、市町村保健センター、医師から個別療育の必要性があると認められたら、利用ができます。

また、幼稚園や保育所に在籍しているものの、併せて児童発達支援事業所において、専門的な療育、訓練を受ける必要があると認められた児童や、発達に心配を抱える保護者の相談なども受けたりする、地域支援も行っています。

また、申請についてですが、利用したい場合都道府県単位の各事業所で行ないます。

子どもたちの障害の種類や、抱える悩みはそれぞれであり、決して他と比べるのではなく、個々の発達段階を見極め、じっくりと根気よく向き合う事が大切であり、無限の可能性をひとつでも多く見つけられるよう支援していくことが重要です。