2016年07月09日

未経験で保育士に転職するには?

一度普通の会社に就職したけれど、独学で保育士資格を取得し、

昔から憧れていた保育士として転職を目指すという方。

子育て経験を活かし、保育の仕事で役に立ちたいという方。

こういった「保育士経験無し」の方にとって、面接での受け答えはなかなか難しいもの。

どう回答すれば未経験でも採用してくれるのか...と、その不安は保育士経験者とは比べ物にならないかも。

今回のコラムでは、未経験でも保育士に転職する方法をご紹介致します!

面接の場で重要な事は?

未経験の場合、面接の場で重要なのは

「なぜ保育士に今なりたいのか?」

「未経験の自分を採用するメリットは何か?」

この2点をきちんと説明できることです。

特に、志望動機にあたる「なぜ保育士に今なりたいのか?」という点に関しては、採用担当者が一番気にするところ。

それも、前職が教育にも子どもにも関わりのない全く異業種の場合、なおさら気にしてくるでしょう。

「昔から保育士に憧れがありまして...」というのも立派な理由なのですが、

それだけですと「働き始めたら、憧れなんて吹き飛んでしまう忙しさですよ?それでも続けられますか?」なんて言われてしまうかも。

(それぐらい、保育士はハードワークなのです...。)

憧れがあるだけではなく、「保育の仕事が自分に向いている事」「体力には自信があること」など

こういったことを志望動機の中でアピールするようにすれば良いでしょう。

対して、自己PRにあたる「未経験の自分を採用するメリットは何か?」という点に関しては、

うまく説明できれば、保育士経験のある他の採用候補者に差をつけることができるかもしれません。

なぜなら「未経験可」と応募要項に記載されている保育園の場合、「未経験だからこそ採用したい」という意味が込められていることも多いからです。

実は...社会人経験のある人を求めている!

未経験の人でも受け入れてくれるという事は、

今までの社会人経験を活かせる人材が欲しいという意味です。

なので保育の仕事は未経験であっても、

「前職の経験を、保育の現場でこういうふうに活かすことができる」というように、自分をアピールすることができれば、

保育士経験のある人よりも、優先してあなたを採用してくれるかもしれません。

実際保育の現場では、若い人よりも一般企業での社会人経験がある人の方が保護者対応がスムーズだ、なんて言われたりもしています。

 

いかがでしたか?

保育士は保護者と密に接する職業のため、社会人としてのしっかりとしたマナーやコミュニケーション能力は面接時にかなり重要視されます。

たとえ未経験でも、臆せずに面接に臨んでくださいね!