2016年07月02日

保育士証

保育士証とは

保育士証とは、以前の保育士(保母)資格証明書とは別の証明書であり、平成15年11月29日から改正された児童福祉法に伴い、保育士証を所持していなければ保育士として働けなくなりました。

保育士証の更新

保育士として働く為には更新手続きが必要となり、その手順として、

①まずは、申請書や記入例がセットされている保育士登録の手引きを登録事務処理センターから取り寄せます。その際に角型2号返信用封筒1枚、返信用封筒に貼る切手、返信用封筒を送る為の送信用封筒1枚、送信用封筒に貼る切手を用意します。

②送信用封筒の宛先に、「〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-2アーバンネット麹町ビル6階登録事務処理センター」と記入し、切手を貼ります。送信用封筒と返信用封筒に赤字で「保育士登録の手引き~部」と記入します。

③返信用封筒に郵便番号、住所、氏名を記入し、請求部数分の切手を貼ります。

④切手を貼った返信用封筒を送信用封筒に入れ、封をして、郵送します。

⑤登録事務処理センターより「保育士登録の手引き」が届いたら内容を確認し、同封されている専用の払込用紙を必ず使用し、一人4200円の登録手数料を払います。この際、郵便局の払込用紙は使用しないように注意します。また、ATMでの手続きもしないように窓口で行います。

⑥払込手続きの際、振替払込請求書兼受領書と、振替払込受付証明書を受け取り、両方に郵便局の日付入り受付印が押印されていることを確認します。

⑦払込が終われば、保育士登録申請書、振替払込受付証明書、資格を証明する書類の原本(保育士・保母資格証明書、指定保育士養成施設卒業証明書、保育士養成課程修了証明書、保育士試験合格通知書、平成17年までに交付された保育士試験で連続した3年間で全科目合格していることが確認できるもののうちいずれか1つの書類)を用意し、申請します。

書類を紛失したら?

資格取得後に交付された書類を紛失したら、再発行または代わる書類発行が必要となります。

登録時と似たような手続きが必要となり、再交付申請用手引きを登録事務処理センターより取り寄せ、必要書類提出と再交付手数料を支払うと、二ヶ月ほどで再交付された保育士証が送られてきます。

氏名の変更にも申請が必要!

また、資格を証明する書類に記載されている氏名が婚姻などで変わった場合は、書き換え申請手続きが必要となります。その際にはまた登録時と同じような手続きが必要となり、書き換え交付申請用手引きを取り寄せ、書き換え交付手数料と申請に必要な書類を提出すると、二ヶ月ほどで変更された保育士証が送られてきます。また、保育士証を紛失し、さらに内容に変更がある場合は、変更手続きのみ行います。