2016年07月01日

保育士の時給の相場は?高時給を目指すなら派遣がおすすめ!

「せっかく保育士の資格を取得したんだから、正社員として働きたい!」と思うのは自然なことです。

 

ですが、保育士は元々お給料が安めな上に、サービス残業の時間がかなり長いため、

労働時間に対して時給がかなり低め...という損な状況がよく生じているんです。

 

もし、「今の働き方で、自分は損をしていないだろうか?」と疑問に思ったなら、

派遣保育士として働くという道も、視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

今回のコラムでは、保育士のお給料を時給換算した場合の相場と、派遣保育士についてご紹介いたします!

 

・正社員保育士の月給を、時給換算してみよう!

 

早速、現在正社員として働いている人は、今の月給を時給換算してみてください。

計算は簡単です。

①日給を計算する

 (月給の手取り金額を、勤務日数で割ってください)

②一日の平均勤務時間を思い浮かべる

 (月末月初でバラつきがある人は、給与明細などで一ヶ月の総勤務時間を確認し、勤務日数で割ってください)

③日給を平均勤務時間で割る ⇒ これがあなたの時給!

 

どうでしょうか?

サービス残業の時間が長ければ長いほど時給は安くなっていきますから、

サービス残業ばかりの保育士の場合「え、こんなに安いの!?」と驚いてしまうかもしれませんね...。

 

ちなみに派遣保育士の時給相場は900円〜1,200円ぐらい。保育士資格という国家資格が必要なだけあり、一般的な派遣社員より相場は高めです。

正社員で働いていても、時給が派遣保育士の相場と同じか、もしくはそれより低いようなら...

派遣保育士への転向を考えてもいいのかもしれません。

 

・派遣保育士の仕事内容は?

 

園によっても仕事内容は大きく変わってくるのですが、

派遣保育士の主な仕事は、正社員保育士のサポートとなることがほとんどのようです。

時には集団行動からあぶれてしまう子どもの専任担当となることも。

 

連絡帳の記入などの事務作業は、派遣保育士にはあまりありません。

こういった事務作業の時間が一番苦痛...という方も多いですから、派遣保育士のメリットと言ってよいでしょう。

残業もあまりありませんし、子どもと一緒にいる時間がそのままお給料になるイメージを持っていただいても良いでしょう。

 

・派遣保育士として働くには??

 

派遣保育士になろうと思った場合、ハローワークや派遣会社に登録すればOKです。

今ならネットで検索するだけで、数多くの派遣会社が出てきますから、

レビューや比較サイトなどを見つつ、「ここだ!」というところに登録してみてくださいね。

 

 

いかがでしたか?

最後になりますが、派遣の保育士とはいえ、子どもたちからすれば正社員との区別などなく、全員が「先生」です。

もし派遣保育士として働くことになったのなら

派遣社員だしお仕事もほどほどに...なんて考えはせず、子どものお手本となるよう常に心がけて仕事をしてくださいね!