2016年07月22日

保育士さんの転職向け!差をつける職務経歴書の書き方

転職活動の際、一番はじめに取り組むことになるのが"履歴書"と"職務経歴書"。

ですが、「履歴書は新卒の時に書いたことがあるけど、職務経歴書は初めて書くし、書き方がよくわからない...」という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回のコラムでは、職務経歴書の書き方について詳しくご紹介致します!

 

af9940087887l.jpg

 

そもそも職務経歴書とは?

 

職務経歴書は、自分がこれまでにどういった経験をしてきたか、どういった知識を身につけてきたのか、どのようなスキルを持っているか...などを

見やすく書いていくことで、自分自身をめいっぱいアピールするための資料です。

加えて自己PR欄を作成し、うまく活用すれば、採用担当者から「会ってみたい!」と思ってもらえるでしょう。書類選考通過率が大きく違ってくるポイントです。

 

履歴書と異なり、職務経歴書は通常パソコンで作成します。書き間違えてもすぐに直せるという意味では、手書きが必須である履歴書の作成よりも、少し気が楽かもしれませんね。

決まった書式はありませんが、基本的にはA4用紙1~2枚にまとまるように作成します。

どんなに多くても3枚までですね。

 

職務経歴書の書き方①...「略歴」編

 

それではここからは、具体的な書き方について説明していきましょう!

 

自分の今までの仕事=職務経歴について、詳しく書いていきたい!という気持ちはよくわかるのですが、

いきなり細かくダラダラと書き始められてしまうと、読んでいる身としては「...簡潔に言うと?」と言いたくなってしまいます。

 

そこで、自分の職務経歴に入る前に、"略歴"という形で簡潔にまとめておくことをお勧めいたします。

今までの職務経歴の中から、特に注目してほしい部分だけをピックアップして200字程度にまとめましょう。

 

面接官も忙しいですから、もしかしたら職務経歴書全文に目を通す時間はないかもしれませんし、

そんな面接官が略歴だけ見て「会ってみたい!」と思わせることのできる文面になっていれば◎です!

 

職務経歴書の書き方②...「職務経歴」編

 

それではいよいよ職務経歴の書き方です!

 

職務経歴にも書き方が色々あるのですが、オーソドックスに時系列で記載していけば大丈夫でしょう。

その際、経歴が一目でわかりやすいように箇条書きで書くのがポイントです。

 

例としては、こんな形になります。

 

学校法人◯◯ ××保育園

(2015年4月~2016年6月)

事業内容:保育園の運営

配属:2歳児クラス20名担任(2015年4月~2016年3月)/3歳児クラス20名担任(2016年4月~現在)

業務内容:連絡帳、日誌、保育園だより、給食だよりの作成

 

これらの他に、業務において特に力をいれていた点や、身につけたスキルなど、アピールできることはどんどん書き込んでいきましょう!

 

 

いかがでしたか?

 

職務経歴書には、他にも資格欄や特技欄、自己PR欄を作成するのが一般的となっています。

面接官に「この人に会いたい!」と思わせれば勝ちなので、工夫をしてどんどん自分を売り込んでみてくださいね!