2016年08月13日

保育士の実技試験で受かるためにやるべき対策

保育士試験の一次試験である筆記試験に無事合格することができれば、

二次試験である実技試験に進むことになります。


実技試験は『音楽表現に関する技術』『造形表現に関する技術』『言語表現に関する技術』の3科目から2科目を選択して受験することになっているのですが

筆記試験と違って参考書もテキストもいいものはあまりないですし、

「勉強のしようがなくて不安...」という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回のコラムでは、保育士試験の実技対策をご紹介いたします!

 

af9940087845l.jpg

 

実技試験の合格とは

 

実技試験は各科目50点満点となっており、6割以上の得点で合格となります。得点に関して言えば、ここは筆記試験と同じですね。

ですが筆記試験と違う点として、科目合格制度ではないところがあげられます。

つまり、2科目のうち1科目が不合格となってしまった場合、その1科目の合格は次回の試験に持ち越すことができません。

2科目とも同時に6割以上の得点を取らなければ、保育士試験の合格とはならないのです。

 

とはいえ、実技試験は「落とすための試験」ではないと言われています。

その合格率は9割を超えることが多く、よほど対策を怠けた人でもない限りは合格すると考えていいでしょう。

 

保育士実技試験対策:「音楽表現に関する技術」の場合

 

それではここからは、実技試験各科目の対策をご紹介していきます。まずは「音楽表現に関する技術」についてです。

 

事前に周知されている課題曲2曲を弾き歌いする実技試験ですが、何もプロ並みの技術を求められているわけではありません。

 

保育士として子ども達と一緒に、楽しく笑顔で歌うことができるのかを見る試験ですので、

ピアノの練習と歌の練習の際に、必ず"笑顔"で"朗らかな"表情となるように、常に意識しておいてください。

 

保育士実技試験対策:「造形表現に関する技術」の場合

 

試験時間45分の間に、「保育の一場面を絵画で表現する」という実技試験です。

鉛筆やシャープペンシル、そして色鉛筆を持参し、当日さらに提示された問題文と条件をクリアする必要があります。

 

この試験の場合、大切なのは"色使い"です。

保育士として絵を描くのですから、上手い下手の前に「子ども達に好かれるような色合いにする」ことを意識しましょう。

そして、保育園での生活や行事のさまざまな場面を表現できるよう、事前に自分なりのアイディアを練って準備しておくとよいでしょう。

 

af0100036992l.jpg

 

保育士実技試験対策:「言語表現に関する技術」の場合

 

3歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をするという実技試験です。

実際の試験では、子どもに見立てた椅子が置かれます。

 

この試験では絵本が持ち込めないため、お話を完璧に暗記していくことがまず必要になります。

そしてもう一つ大事なこととしては、"一方通行な話し方をしない"ということがあげられます。

 

3歳児クラスの子ども達に集中して話を聞いてもらうには、

3歳児でも理解できるテンポで話し、飽きないように身振り手振りも時にはまじえ、全員に聞こえるようなボリュームで話さなければなりません。

実技試験の前に、家族や友達に聞いてもらうとよいでしょう。