2016年08月15日

保育士の転職 面接時に気をつけるべき服装とマナーとは?

j124photo.jpg

保育士の転職で、身だしなみや服装、また、面接で注意しなくてはならないこととはなんでしょうか。もちろん、他の業界の面接と同様に、一般的なマナーはありますが、それにプラスして、保育士の転職の面接には、保育士特有の見方をされますので、こちらで確認していきましょう。

 

面接時の服装や身だしなみ

保育士の面接時の服装や、身だしなみは、具体的にどんなところを見られているのでしょうか。面接時は、清潔感のある服装が、とても重要です。服装は、パンツでもスカートでも構いませんが、基本的には黒のスーツ。髪の毛は挨拶をした際に、顔にかからないようにしましょう。ロングの人は髪を束ねておきましょう。また、過度な染髪は控えたほうがいいでしょう。さらに、以下のようなとこも重視されます。

・子供に怪我など、危害を与えてしまうことがないように爪を短くしている。

・子供に髪の毛がかからないよう、束ねられている、

・化粧が清潔。

以上のようなことは、保育士として働く上で、必要な事ばかりです。一般の面接以上に、こういった部分が重視されることを心得ておきましょう。

保育士は、身だしなみや、服装でする仕事ではありませんので、現場では、日焼け止め程度の薄いメイクで、保育着の場合が多いです。そのため、子供に悪影響を与えないと判断できる程度のお化粧であれば、神経質になりすぎる必要はないでしょう。

 

面接を受ける前に

面接会場に向かう際に、万が一、遅刻していまいそうな場合は、早めに連絡をしましょう。もちろん、遅刻のないように、余裕をもって行動したいものですが、急な事故や電車遅延に巻き込まれてしまうこともあるかもしれません。必ず、事前に連絡を入れることを忘れずに。会場に到着したら、携帯電話の電源は切っておきましょう。マナーモードにしていても、バイブレーションが鳴ってしまうこともありますので、必ず電源はオフにしたほうが良いですね。

 

面接室に入ってからのマナーや注意点

面接室へ入るときは、3回ノックしてから入室するのが基本的なマナーです。ノックをして、「どうぞ」と声がかかってから「失礼します」と言って、入室しましょう。保育士の面接で、チェックをされているのは、元気があるかどうかです。保育士は、マイクなしで教室内で子供に指示を与えたり、子供と一緒に元気良く過ごしたりする職業です。面接官に聞こえないような小さい声や、細い声ではなく、ハキハキと、溌剌とした態度で面接を受けると、好印象を与えることができます。

 

面接時以外でも気を抜かない

通常、面接は保育園や実際の施設で行われることが多いので、働いているスタッフや子供達、保護者とすれ違うこともあるでしょう。そんな際は、必ず明るく挨拶しましょう。挨拶は、基本的なマナーとして当たり前なのはもちろん、今後、付き合う可能性がある人達に好印象を持ってもらえるメリットもあります。