2016年08月15日

保育士の採用面接で聞かれやすい質問集

af9940087807l.jpg

いざ面接となると、どんなことを聞かれるのかと不安になるものですよね。

 

保育士の採用面接でも、基本的には一般企業と質問される内容は同じです。

とはいえ、その中でも"よく聞かれる質問"というのは存在します。

 

というわけで今回のコラムでは、保育士の面接で聞かれやすい質問と、理想的な回答方法を3つご紹介いたします!

しっかりと対策して、万全の状態で面接の場に臨んでくださいね!

 

保育士の面接でよく聞かれる質問1:「自己紹介」

 "質問"と言ってしまうと違和感がありますが、自己紹介のない面接などありません

無難に名前だけ述べても問題はないのですが、

せっかくですからあなたの人間性をわかりやすく・簡潔にアピールするとより好印象です!

 

たとえばあなたが資格を持っているとすれば、

「◯◯(氏名)と申します。リトミックインストラクターの資格を活かし、子どもたちの健康に気を配り、豊かな感性を磨けるような保育士として働いてきました。本日はお忙しい中、面接の場をもうけていただきありがとうございます。よろしくお願いします。」

というように、短くアピールを盛り込んでみてはいかがでしょうか?

 

ただしあくまで自己紹介ですので、長々と語ってはいけません。また、上記の例のように、面接官への配慮の言葉があると尚良いでしょう。

 

保育士の面接でよく聞かれる質問2:「志望動機」

 ありきたりな答えは避けなければなりませんし、「月給がいいから」「家に近いから」というような身も蓋もない回答もやめましょう。

一番良い回答は「その保育園ならではの特徴や魅力と、自分の希望が合っている事をアピールする事」です。

 

また、転職の場合は「採用しても辞めてしまうのではないか」という不安を面接官は抱えているものです。

ですから志望動機の中に、今現在の職場を全否定するような言葉を入れるのはやめましょう

 

入れるとしても、

「現在勤務している園では、保育士一人ひとりの負担が大きく、一人ひとりの子どもと接する時間が短いと感じております。

少人数制保育を取り入れている貴園で、もっと一人ひとりの園児と向き合って保育をしていきたいと思い、貴園を志望いたしました。」

というように、自分がしたいことをポジティブに考えた結果の転職だという言い方にしてくださいね。

 

保育士の面接でよく聞かれる質問3:「保育士の仕事を選んだ理由」

 保育士を目指している、もしくは保育士であるあなたが「子どもが好きだから保育士を選びました」というだけの受け答えは、当然NGです。

 

「子どもが大好きだというのも理由の一つですが、待機児童など子育ての問題に悩む人々のことを見てみぬふりすることができず、少しでも社会の役に立ちたいという思いから保育士の仕事を選びました。」

というように、"子どもが好き+α"という理由になるように気を配りましょう。

面接官が質問をとおして見たいのは、どうして保育の仕事を選んだのか、その理由や保育にかける思いの強さなのです。