2016年08月04日

面接対策!保育士は勤続年数で自己PRを変える

j14photo.jpg

転職面接の際に、面接官から必ず聞かれる質問の一つに「自己PR」があります。

 

履歴書にも「アピールポイント」というような項目名で自己PRのスペースがありますし、

職務経歴書にも、自分のことをしっかりアピールできる自己PRの項目を作ったほうが、面接の際にもやりやすくなります。

 

ですが一口に自己PRと言っても、どう書けばいいかわからず困ってしまう保育士の方が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回のコラムでは、勤続年数別の自己PRの書き方をご紹介いたします!

保育士未経験の人、勤続年数が短い保育士、ベテラン保育士などなど...

自分の勤続年数にあわせた自己PRを読んで、参考にしてみてくださいね!

 

保育士未経験の場合の自己PR

 保育士未経験の場合、当たり前の話ですが即戦力としての能力をアピールすることはできません。

 

それでも面接にこぎつけたのなら、その面接先は「即戦力を期待しているわけではない」ということになりますから、

素直さや積極性、やる気などをアピールし、「日々学んでいく姿勢」を見せましょう。

 

また、保育士未経験の場合、保育士の職場の理想と現実の違いを思い知ったことですぐに辞めてしまう...ということが結構あります。

それは面接官の側からすれば一番避けたいことなので、「未経験でも保育士を続けていくメンタルがある」というところをアピールできれば、かなり好印象になるでしょう。

 

上記のようなアピールをする際、ただ「やる気があります!」「続けられます!」だけでは説得力がないので、

素直さ・積極性の裏付けとなるエピソードを添えてアピールするようにすれば完璧です。

 

保育士経験が浅い場合の自己PR

 保育士としての勤続年数が短い場合は、保育士としての経験よりも、人柄でアピールした方が良い場合が多いです。

もちろん、保育士として自分が残してきた実績をアピールするのも間違いではないのですが、

経験が浅い場合はそれよりも、自分がどのように努力してきたか、素直に学んできたかをエピソード付きで言えるほうが良いでしょう。

 

保育士経験が長い場合の自己PR

 保育士としての勤続年数が長いベテラン保育士の場合、

誠実に勤めあげてきたことをアピールすることも重要ですが、それよりも、マネージメント経験のアピールの方が重要になってきます。

 

主任などの役職経験がある場合には、謙虚にならず積極的にアピールしていきましょう。

その際、クラス運営で工夫してきたことや、若手保育士との関係づくりで注意したことなどを、具体的な数字を挙げながら話すと、より伝わりやすくなります。

 

 いかがでしたか?

自己PRというと、どうしても苦手意識が先行してしまう人が多いですが、

今までの自分の経験・考え方をまとめてみれば、そう難しいものではありません。

 

あとは面接官に伝わりやすくなるよう、言葉の選び方を工夫してみましょう!

少しでもこのコラムでお手伝いできたなら幸いです。