2016年09月21日

保育士一年目で考える退職理由と解決方法とは?

 502.jpg

保育士は人数が足りていないのが現状です。

その背景には、仕事量の多さや給料の低さ、保護者との関わり合いなどの原因があります。

その様々な理由に多くの保育士が悩み、一年目から辞めたいと思ってしまうようです。

では、もう少し具体的にどのような退職理由があり、どうすれば解決できるのかを一緒に見ていきましょう。

 

■新人保育士の扱い

辞めたいと思う理由としてまずあげられるのが、新人保育士の扱いです。

他で働いた経験などがなく、研修期間がなければ仕事にすぐ慣れるわけではありません。

保育士一年目であれば、先輩保育士から仕事の内容を詳しく教わりたいと思うのが普通です。

ですが、詳しく教えてもらえることは少なく、不安な気持ちのまま保育士としての仕事をしなくてはならないことが多いようです。

保育士なのだからできるのは当たり前と先輩保育士から言われてしまうこともあるようです。

このような新人保育士への扱いは、不安な気持ちを増大させ、辞めたいという思いにさせてしまうのです。

 

■保育士同士の人間関係

保育士の半数以上が女性と言われています。

先輩保育士に無視される、陰口を言われる、仲間はずれにされる、八つ当たりされるなどといった女性ならではのいじめや職場環境が理由の一つで辞めたいと思うことが多いようです。

このような人間関係に悩むと自分が悪い、自分の力不足が原因なのではと追い込むようになり、保育士に向いていないと考え始めてしまい、辞めたいと思ってしまうのです。

 

■保護者との関係

保育士は子どもだけではなく、保護者とも付き合わなければなりません。

保護者は子どもの変化に敏感であり保育士や園に問い合わせてくることも多いです。

保護者からのクレームの多さにストレスを感じ、保育士を辞めたいと思うことも多いようです。

 

■長時間労働と低賃金

大きな退職理由の一つとして、長時間労働があげられます。子どもは目を離す事ができないため、休憩もなく働き続けなくてはなりません。

また、その日の予定も変更しなくてはいけない場合もあります。

特に一年目の保育士には辛いでしょう。

その日の予定を変更し、仕事漬けの生活を繰り返し送っていると、ストレスが溜まり、楽しいと思っていた保育士の仕事も辞めたいと思うようになってしまいます。

さらに、このような長時間労働や仕事内容の割に、給料が安いのも退職理由の一つです。

生活に支障をきたしてしまう給料であれば、保育士ではなくても辞めたいと思ってしまい、退職、転職を考えてしまう方が多いでしょう。

 

保育士以外の転職を考えているのであれば、早い段階での決断が必要です。

年齢を重ねてしまうと転職も難しくなり、保育士を続けていくしかなくなるかもしれません。

自分に合った職場や環境を知ることも転職するためには大切な事です。

一度は保育士を辞めたいと思っても、まだ続けてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

保育士が嫌になったのではなく、人間関係や園に対しての不満が理由で辞めたいと思っているなら、職場環境を変えてみることも考えてみましょう。

保育士になりたいと思った理由もあるはずです。今の環境だけに悩まず、職場環境を変え保育士として続けていく方法も考えてみてください。