2016年09月23日

保育士の特例制度とは?

602.jpg

幼稚園教諭経験者の方で保育士資格の取得に興味がある方に朗報です!

保育士の特例制度をご存知でしょうか?

平成26年度の保育士試験より、幼稚園教諭免許をもつ方にとって、保育士資格が格段に取得しやすくなりました

今回はこの特例制度についてご説明させていただきます。

 

特例制度とは?

「幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例」制度のことです。

幼稚園教諭免許状所有者が対象の制度で、特例制度の対象施設で3年かつ実労働4,320時間以上の実務経験のある方は、指定保育士養成施設で所定の8単位の学び(特例教科目)を受講・修得すれば、保育士試験(全科目免除)を経て、保育士資格を取得できるという大変おトクな制度です。

ちなみに、幼稚園等における実務経験と指定保育士養成施設における特例教科目の修得の順番は、前後しても構いません。

この特例制度による保育士試験受験期間は、平成26年度から平成31年度末までとなっています。

 

特例制度の対象者とは?

特例の対象者となるのは、幼稚園教諭免許を持っている方で、かつ次の施設において3年以上かつ4,320時間以上」の実務経験を有する方です。

  ① 幼稚園(特別支援学校幼稚部含む。)

  ② 認定こども園

  ③ 認可保育所

  ④ 小規模保育事業(A型・B型)

  ⑤ 事業所内保育事業(定員6人以上)

   ※上記④⑤については、勤務対象期間は平成27年4月から。

  ⑥ 公立の認可外保育施設

  ⑦ へき地保育所

  ⑧ 幼稚園併設型認可外保育施設

  ⑨ 認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設)(1日に保育する乳幼児の数が6人以上)(認証保育所を含む。)

    ただし、下記の施設は対象外

    ・利用児童の半数以上が、一時預かり

    ・利用児童の半数以上が、22時から翌日7時までの全部又は一部の利用

    ・平成27年3月までの事業所内保育所、院内保育所、家庭的保育事業(保育ママ)   

※ 実務経験は複数施設における合算でも可能です。

※ 施設が廃園されている場合、当該施設の設置者(自治体などの法人)が存続していれば証明が可能です。

また、統合等によって事務を引き継いだ施設・団体等が証明できる場合は、引き継いだ施設・団体の長による証明も可能です。

いずれも難しく証明ができない場合は、その実務を加算することはできないようです。

 

特例制度における学び(特例教科目)とは?

特例教科目を開講している指定保育士養成施設において、下記の4教科・8単位を修得すると、保育士試験の全科目が免除になります。

 ①福祉と養護(講義・2単位)

  ②相談支援 (講義・2単位)

  ③保健と食と栄養(講義・2単位)

  ④乳児保育 (演習・2単位)

指定保育士養成施設は、厚生労働省のホームページに一覧が載っていますので、気になる学校へ問い合わせ・申し込みをしてみましょう。

なお、通常課程の教科目は過去の在学期間に修得したものでも、今後新たに指定保育士養成施設において修得するものでも構いません。

特例教科や通常課程の一部を修得し、残りの科目については試験を受けることも可能です。

また、保育士試験の一部科目合格による受験免除と今回の制度を組み合わせることもできます。

 

特例教科目の受講後から保育士証交付までの流れ

以下は東京都における特例教科目の受講後からの流れをご紹介します。

①   実務証明

特例の対象として認められる勤務期間等(3年以上かつ4,320時間以上)の実務証明書を、勤務していた施設へ直接請求します。

なお、特例対象となる施設かどうかわからない場合は、直接施設に問い合わせてみましょう。

②   施設証明

認証保育所・認可外保育施設は、特例制度対象施設証明が必要です。

東京都へ郵送により請求しましょう。

③   専修証明

特例教科目を受講した、指定保育士養成施設へ請求します。

④   保育士試験手続き

特例制度で試験が全教科免除になっても、受験手続は必要です。忘れずに手続きをしましょう。

⑤   保育士登録

さあいよいよ保育士デビューです!

無事に保育士試験の合格通知書が手元に届いたら、保育士登録の手続きをします。

保育士登録は、保育士証が届くまで2ヵ月程度かかることが多いようです。

早めに手続きしましょう。

 

いかがでしたか?チャレンジしてみよう!と思った方は、厚生労働省や自治体のホームページで制度の詳細をご確認ください。

この特例制度が利用できるのは現在のところ平成31年度末まで。

ぜひこのチャンスを活用して、保育士資格を賢く取得しちゃいましょう!

がんばってくださいね!