転職お役立ちコラム&ニュース

保育士さんの転職活動

保育士さんの転職活動

9月も終わりになり、そろそろ秋も近づいてくることですが、実は保育士さんの転職活動は9月頃から活発になってくることをご存じでしょうか?

「保育士バンク!」でも毎年この時期になると、転職を希望されている保育士さんからの相談が増えてきます。そこで、一般的な保育さんの転職活動がどのように行われているかをまとめます。

保育士さんの転職理由

保育士さんが転職したいと思う理由はどのあたりにあるのでしょうか。

保育士さんの転職理由、人間関係

1. 人間関係

保育士さんの離職理由の1位はズバリ「人間関係」!保育士に関わらず、職場の人間関係に悩みはつきもの。保育園の職員さんはほとんど女性が占めていて、別の職種よりも人間関係が複雑になりやすい傾向があります。

 

保育士バンク!の調査では、実際に転職する方の転職理由や転職に関するアンケートに対する回答で、「保育園内の人間関係にストレスを感じる」というお答えをいただくことが非常にあります。

女性が多い職場ではとくに人間関係によるストレスを感じやすいといいますが、ある統計では実に90パーセントの女性が「人間関係にストレスを感じたことがある」という回答をしています。

保育園で実際あったトラブルケース

---------------------------

■ケース1 とにかく感情の起伏が激しい先輩保育士!

■ケース2 無視、嫌がらせ多発・・・陰湿ないじめに合った!

■ケース3 指導に統一性がない!どっちを信じればいいの?

---------------------------

■ケース1 とにかく感情の起伏が激しい先輩保育士!

同じ職場に勤めている、A先輩。機嫌がいいときはにこにこ話しかけてくるのに、プライベートで嫌なことがあるとあからさまに八つ当たり。

そのくせ仕事には厳しいから、機嫌の悪いときにちょっとした失敗をすると、もう大変。どうにかしてほしい!

 

■ケース2 無視、嫌がらせ多発・・・陰湿ないじめに合った!

職場でイジメられています。無視されるだけならまだましで、不要な仕事の押しつけ・罵倒・雑巾を投げつけられたことも・・・新人は可愛がられているのになんで私だけ...って思います。

 

■ケース3 指導に統一性がない!どっちを信じればいいの?

園長が、気分によって言うことを変える。基本的にすべて感情で動くから、「これやって」と言われたことをやったら翌日怒られるなんて事もしばしば!

意見が言える立場ではないから何も言わないけれど、現場の保育士はストレス溜まりまくり・・・。おかげで保育士同士の結束は固いけど、園長の言うことは皆、話半分で聞いています。

 

保育士さんの転職理由、待遇への不満

2. 待遇への不満

政府が保育士さんを増やす動きを活性化している中で話題に上がることも多いですが、他業種に比べて保育士さんの給料は低い傾向にあります。

 

公立の保育施設の場合、給料は地方公務員と同じ扱いになるため基本給が安すぎることはありません。賞与もきちんと出るので、年収も安定しているでしょう。20~30代の平均年収も300~400万円代と言われています。

さらに、産休や育休の制度も利用できるので、長く働ける環境にあると言えます。ただし、このような地方公務員としての待遇を受けることが出来るのは、公立保育施設の正社員のみで、非正規社員は待遇が異なることがほとんどです。

また、国や市町村が運営主体となっているので、生活が困難になるほどの大幅な変更はないでしょうが、国の政策で待遇が変更になる可能性はあります。

 

私立の保育施設の場合、園や運営母体によって待遇は様々です。一般的に初任給は16~17万円、年金や保険などが引かれて、手取りは13~14万円が平均と言われています。しかし、あくまでも平均ですので、公立よりも良い待遇の保育施設もあれば、逆に初任給が手取り10万円以下という安い給料の保育施設もあります。賞与についても同じで、賞与がない保育施設もあります。

 

公立・私立をあわせた保育士全体の平均月収は約21万円、年収は約310万円程度なため、年収等の待遇アップを求めて転職を希望される方も多いようです。

保育士さんの転職活動時期

保育士さんの転職活動時期

保育士バンク!に寄せられる転職相談は、8月の後半頃から徐々に相談件数が増え、9月〜10月頃に最も多くなります。保育士さんは担当のクラスを持っていることが多く、関わっているクラスの子どもたちにとっても区切りのいい卒園や進級おタイミングで転職されることが多いようです。そのため、9月頃からコンサルタントへの転職相談をはじめ、10月〜2月の間に面接などの転職活動を本格的に行い、内定を獲得できたら4月の期変わりと同時に転職するのが一般的になっています。

 

一方、保育事業所からの求人件数についても年度の切り替え前の1月〜3月の期間に最も件数が多くなります。保育事業所・保育士さんともに4月の年度切り替えが大きなポイントとなるのが保育士さんの転職活動の大きな特徴です。

保育士さんの転職と年齢の関係

保育士さんの転職と年齢の関係

最近では10代・20代と若い世代から家庭がある主婦の世代まで、幅広い年齢の人が保育士資格を取得して、保育士への転職を希望している様です。

しかしながら、保育士の業界では年齢制限はあるのかを気にされる人も多いのではないでしょうか。

 

・保育士資格には年齢制限は無い

保育士さんの転職にまず必要なのが保育士資格。保育士資格試験を受けるにはいくつかの条件はありますが、保育士資格を取得する際には年齢制限は無く、条件を満たせばだれでも保育士の資格取得する事が出来ます。

 

・正社員への転職は20代が有利?

保育士の求人は沢山ありますが、年齢制限を設けている職場もあります。

保育士として勤務した経験がある場合年齢は問わない求人が多いですが、未経験で保育士へ転職する場合年齢が壁となってしまう場合もあります。

特に、正職員の保育士は30歳を超えている場合、なかなか採用をもらう事は難しい様です。

 

特に地方自治体が運営する認可保育園では自治体が年齢制限を設けている場合が多く、年齢制限に引っ掛かった場合保育士資格を持っている場合でも応募する事が出来ません。

正職員の求人には20代半ばからの求人が集中しますので、30代以降の人には不利となるかもしれません。

 

保育士の平均年齢は35歳前後と言われており、体力的な厳しさからも年齢制限が設けられているという部分があります。

保育士の仕事の大部分は肉体労働です。真冬・真夏も子ども達と外遊びをしますし、室内でも乳幼児の細やかなチェックをしたり、子どもをおんぶや抱っこで抱えながら仕事をしなければなりません。

 

また、子どもは一年を通して風邪や病気に沢山罹りますので、子どもから感染しないよう、体の免疫力も必要となります。

 

 

一方で、パート求人の募集をしている施設も多数あり、パート求人で年齢制限を設けている施設は少ないです。まずはパート勤務として働いて、経験を積み、正社員へすスキルアップして行く、という保育士さんも多くいらっしゃるようです。

さらに、保育士として未経験でも育児経験がある事で優遇される場合もあります。

 

保育士に活かせるようなスキルがあれば、採用をもらう可能性は十分上げることが出来ます。年齢が高い事をネガティブにせず、保育の現場で自分が活かせるスキル、PR出来るポイントをしっかり見つけましょう。

保育士さんの転職先選びのポイント

保育士さんの転職先選びのポイント

転職のための求人情報の探し方

保育士さんが転職先を探すには、保育事業所の求人情報を保育士さんが自ら探して応募する場合と、転職エージェントに相談する場合が多いようです。また、自治体や企業が主催する転職フェアへの参加も保育事業所の求人探しに役立ちます。

 

自分で保育士さんの求人情報を探す

保育士さんが求人情報を自ら探す場合、ハローワークを利用する場合、興味のある保育事業所のホームページなどで求人情報を直接見る場合などが多いようです。

 

転職したい保育事業所がいくつかある場合は、インターネットで保育事業所のホームページをのぞいてみると、求人情報が直接掲載されている場合がありますので、自身に合う求人情報があれば直接応募してみましょう。

 

ハローワークを利用する場合は、ハローワークに行き保育事業所の求人情報を照会してみてください。気に入る求人情報があれば応募できますが、ハローワークに寄せられる求人情報は待遇が低いことがありますので、詳細をよく確認の上応募しましょう。ハローワークは国が運営しているので安心かと思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れません。求人掲載を行った事業所に対して助成金が支払われます。そのような助成金を目当てにした求人情報を出している事業所なども存在しますので、待遇や福利厚生などがおざなりになっている求人情報もあることを念頭に置いて求人を選ぶことをおすすめします。もちろん、そのような求人情報は一部なので、しっかりと見極めていい求人を探しましょう。

保育士千人の転職エージェントを通じて転職する

転職エージェントを通じて転職する

転職をしようと思っても、『ハローワークに通ったり求人情報サイトを見たりする時間が取れない!』という保育士さんも多いのではないでしょうか。時間外でも製作していたりする忙しい保育士さんには、保育士バンク!のような転職エージェントを通じた転職方法が合っているかもしれません。転職エージェントサービスに登録をすると、まずはエージェントがどんな保育園に行きたいか、どんな条件を希望しているか、などを聞いてくれます。転職エージェントは聞き出した希望の条件を元に、条件に合う保育園の求人情報を教えてくれ、面接の日程調整や面談のフィードバックなど転職活動における煩雑な手続きを肩代わりしてくれます。この際のポイントは、希望条件を転職エージェントに対してしっかりと希望を伝えることです。伝えた希望がそのまま照会される求人情報に反映されるので、遠慮せずにしっかりと伝えるようにしましょう

保育士就職・転職フェアに参加する

転職フェアに参加する

 

・保育士専門の合同説明会・フェアを利用する

保育士さんが転職活動をするにあたって一番大変なのが、自分の希望にしっかりと合った園を見つける事ですよね。

HPの情報だけでは園の雰囲気を理解きれなかったり、見学を申し込んで複数の園を見比べたい、と思った時もなかなか時間が取れない事があります。

 

そんな時に役立つのが就職・転職フェアや、保育園運営企業が参加する合同説明会です。

 

就職・転職イベントには様々な種類や名称があります。その中でも一番よく耳にするのは「転職フェア」「合同企業説明会(合同セミナー)」ではないでしょうか。

これら2つの内容の特徴や、違いについて紹介して行きます。

 

・就職フェア、転職フェア

都市部を中心としたイベントホールなどといった広い会場で開催される大規模イベントを指し、大手法人が多数参加している事が多いのも特徴です。

 

個別のブースで事業所の説明や個別面談、業界の動向についての講演会や業務ノウハウを学べるセミナーなどを主に行っています。

 

新卒向け、既卒向けに分かれた物が多いですが、保育士・潜在保育士を対象とした新卒・既卒共に参加できるイベントもあります。

 

・合同企業説明会(合同セミナー)

都市部のホテル、イベントホール、レンタルスペースなどで開催される複数事業所参加型イベントです。内容はフェアとほぼ同じですが、やや中規模でフェアよりは参加事業所数が少ない場合が多いです。

新卒向け、既卒向けの物がありますが限定された職種の場合、別途参加規定が設けられている場合もあります。

 

イベントの規模に違いはありますが、どちらも転職の情報収集に大いに役立ちます。

保育士就職転職フェア・合同説明会に参加するメリット

フェア・合同説明会に参加するメリット

保育士の転職にあたって、参加すると次のようなメリットが挙げられます。

 

◇1日で効率よく沢山の事業所の情報が得られる

 

◇インターネットだけでは知る事が出来ない保育園のリアルな様子を知る事が出来る

 

◇保育園の採用担当に直接疑問や質問をする事が出来る

 

◇自分が今までチェックしていなかった事業所を見て、幅を広げる事が出来る

 

◇参加者が多いので、気軽に色々なブースを見て回る事が出来る

 

◇転職について相談をしたりセミナーを受ける事で、自分の転職の方向性を決めたり、具体的に行動をうつすきっかけに繋がる

 

フェア・合同説明会の大きな特徴は入場無料、入退場自由で参加が出来る、という所にあります。

沢山の企業が参加しますので様々な情報を得られますし、「ここの事業所は少し気になるから話を聞いてみたい」という気持ちで気軽にブースを回れますので、これから転職活動に力を入れて行きたい、という方にはピッタリです。

 

また、現役の保育士から現場の声を聴いたり、就業環境について直接教えてもらう事が出来る、というのもポイントです。

 

保育士が退職する理由として多くの割合を占めているのが「職場の人間関係」。

早期退職は防ぎたいと思っていても、人間関係は実際に入職後にならないとわからないからどうする事も出来ない...と思われがちですが、実はフェア・合同説明会を活用する事で、入職前でも良い職場かどうかを見極める事が出来ます。

 

ネットでは得られない生の声を聞く事が出来ますし、採用担当者や現役保育士へ職場環境・行事準備の様子・人員の補充の理由などについて深く質問をする事が出来ます。もし、はっきりとした回答を得る事が出来なかった場合は要注意かもしれません。

 

沢山の園の様子を聞く事で自分の見る目を養う事も出来ますので、まずは是非、気軽に参加してみる事がオススメです!

保育士就職転職フェア・合同説明会当日までに準備する事

フェア・合同説明会当日までに準備する事

沢山の事業所を効率よく回る為には、当日までにしっかりと事前の準備しておく事が大切です。

 

◇参加企業をチェック

まずは参加する事業所を確認しましょう。

詳しく話を聞きたい事業所をピックアップしておき、事業所のHPなどもチェックして出来るだけ情報収集をしておきましょう。

 

◇事前予約をする

事前予約不要という所も多くありますが、イベント毎に参加条件は異なります。

参加申し込みが必要かどうか、入退場自由でも講演会・会場内のイベントは要予約、という場合もありますので参加申込みが漏れる事の無い様にしましょう。

 

また、予約必須ではないものの事前登録をする事で予約特典を貰える、という事もあります!

 

◇服装規定を確認する

服装規定があるイベントは少なく、私服・スーツどちらでも可、という所が多いです。動きやすく疲れにくい服装であれば基本的には問題ありませんが、当日面接を受ける事も出来る、という内容が記載されている場合はスーツが望ましいでしょう。こちらもよく確認をする事が大切です。

 

◇持ち物を揃える

当日は参加企業はもちろん、資料コーナーでの配布のみ行っている事業所もあります。A4サイズが入るしっかりとしたバッグ、ボールペン、クリアファイルは必須となります。

 

気軽に参加できるフェア・合同説明会は転職したいと思いながら、なかなか動き出す事が出来ない人にも良い刺激になるイベントです。

沢山活用して、転職活動に役立てましょう。

保育士さんが転職活動を優位に進めるには

・保育士の転職活動を優位に進めるには?

どんな職業でも転職するからには待遇や働きやすさなど、よりよい環境で働きたいですよね。

よりよい求人に出会うためには自分のスキルアップは外せない所。

いままでの経験はもちろんですが、新しい資格を持つことは日々の仕事でも役に立ちますし、転職活動でも大きな武器になります

 

それでは保育士さんの転職に役立つ資格にはどんなものがあるのでしょうか?

 

■リトミックインストラクター

リトミックは音楽の力を使う教育法。

子どもたちに音感やリズム感、生活習慣までを身につけさせる事が出来ます。

リトミックの方法論を持っていれば保育園での日々の生活に取り入れる事で可能性も広がります。

リトミックインストラクターの資格は講習や研修を受けて試験を受けることで持つ事ができます。難易度によってレベルを上げていくことも出来る資格なので段階に合わせて資格を取りながらスキルアップを目指すことも可能なので上を目指しやすい資格です。

 

■絵本専門士

この資格は文字通り絵本の専門家。

絵本を使っての教育をより深く行ったり、専門的な知識を生かして指導、ワークショップなども行う事が出来ます。

絵本専門士は保育園以外の場所でも活かすことが出来る資格なので図書館、病院、学校など子どもたちだけではなく沢山の年齢の方に役に立てるとても貴重な資格と言えます。

資格の取得には国立青少年教育振興機構が主催している授業を受けて課題をクリアすることで得ることが出来ます。

但し、資格を取るためのクラス定員がすくないので取得を目指す場合は早めに動いた方がよさそうです。

 

■ベビーシッター

ベビーシッターは利用者の過程で子どもの保育をする為の資格です。

1人のベビーシッターにつき2人までの子どもを見る事が出来、勤務時間に融通が利く働き方をする事が出来る資格です。

 

・ベビーシッターの資格取得

全国ベビーシッター協会の資格認定試験に合格する事で、取得する事が可能です。合格率は例年90%以上とかなり高めですのでそれほど取得は難しくありません。

 

実はベビーシッターは資格が無くてもベビーシッターを名乗る事が可能です。

しかしながら、ベビーシッター協会認定の資格を取得した方が一定以上の技能・知識があるという証明となりますし、何より利用者の大きな信頼に繋がります。

 

■チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、家庭的保育のスペシャリストのことを指します。

本場はイギリスで、70年以上の歴史があり、「国家職業基準資格」として認定されています。イギリスの家庭外保育を必要としている71%の子育て家庭ではチャイルドマインダーを利用しています。

待機児童が問題となっている日本でも、近年活躍の場が大きく広がっている職業です。

 

・チャイルドマインダーの特徴

チャイルドマインダーは少人数保育が大きな特徴で、チャイルドマインダー1名に付き0~12歳までを対象とした4名までの子どもを預かります。

 

保育士・幼稚園教諭が施設内の集団保育である事に対して、チャイルドマインダーでは一人ひとりとしっかり向き合った家庭的な保育を行っています。

同じ少人数保育であるベビーシッターとも似ていますが、健康管理や教諭育を行う面もあるので、チャイルドマインダーはより子どもの成長に携わる仕事と言えます。また、勤務時間や給与面も自分で選ぶことが出来るので個人で独立・開業する事が出来る事も特徴の一つです。

 

・資格取得について

チャイルドマインダーの資格を取得するには、「NCMA JAPAN」が認定するチャイルドマインダー資格が最も信頼性が高いとされています。こちらの資格はイギリス、日本の厚生労働省が認可している資格です。

通学・通信どちらかを選べる「NCMA JAPAN 英国チャイルドマインダー資格講座」を受講し、資格を取得すると仕事先を見つける上でしっかりとサポートを得る事も出来ます。

 

・チャイルドマインダーの働き方

取得後に自分で様々な働き方を選べるのがチャイルドマインダー魅力です。

主な働き方は自宅や近隣に保育室を開設する在宅型、利用者の元へ直接伺う訪問型、どちらも行う在宅・訪問型となっています。

在宅では地域に根差した働き方が出来ますし、訪問型では子ども・ご家族それぞれに寄り添ったケアをする働き方が出来ます。在宅・訪問型では自分で働きやすい時間・曜日に合わせて自由に働く事が出来ます。

 

チャイルドマインダーは個人事業主として改行するだけでなく、企業に所属して働く事も可能となっています。

現役保育士・幼稚園教諭のスキルアップにもつながる資格です。

 

 

■臨床発達心理

臨床発達心理士とは、発達心理学を用いて、加齢に伴う発達的な変化をカウンセリング・研究する人を指します。

子どもが大人になるまでの家庭、そして老年期まで全て含めて、人間の障害を通した精神の発達を追う事を主な研究分野としています。

臨床発達心理士が活躍できる場は様々で、保育園・幼稚園は勿論、小学校、中学校、高等学校、子ども支援センター、老人ホームなどで勤務する事が出来ます。

育児不安を抱えている親御さんへのサポート、自閉症や知的障害など発達に不安がある子どもへの対応、虐待問題への支援など、仕事内容も多岐に渡る内容となっています。子育て支援、子どもの健全な育成への支援に役立つ資格と言えるでしょう。

 

・取得条件

臨床発達心理士の資格取得の条件は以下の3つです。

 

◇発達心理学隣接諸科学修士課程を修了している

 

◇5つの指定科目(1科目4単位、計20単位)全ての単位を取得している(大学

院の授業または資格認定委員会が開催する指定科目取得講習会で取得可能)

 

◇200時間以上の臨床実習の経験をしている

 

取得にはある程度の時間が掛かりますが、生涯役立つ資格ですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

・「保育」という言葉に囚われなければ活かせる資格はいっぱい

「保育」という言葉に囚われて資格を考えていると保育士、幼稚園教諭、絵本などの資格に目を向けがち。

しかし世の中には沢山の資格があります。

子どもたちに役に立つ知識というのは世の中にあるすべて。と言っても過言ではないので教える側になる自分にとって興味の湧く資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

「あの先生はなんでも知っている」「ひとつの事にあんなに詳しい」など、資格や知識を活かして素敵な先生を目指せたらと思います。

男性保育士さんの活躍

男性保育士について

少し前まで保育士さんのお仕事は女性の職場。というイメージがありましたが、最近では男性保育士さんも増えてきています。

女性の社会進出や男女平等の社会の中で男性が保育士を目指しやすくなっている事はもちろん、保育士さんのお仕事は力仕事が多く、体力的にも男性保育士のニーズが高く、昔に比べると男性保育士の数が年々増えています。

実際保育園に男性保育士がいると力仕事だけでなく、防犯面や男の子のトイレの付き添い、母親代わりの保育士さんに加えてお父さん代わりになれる保育士さんがいることになり、子どもたちへの教育にもいい影響が期待できます。

しかしそんなメリットとは反対に実際男性の方が保育士として働くにはまだまだ沢山の課題を抱えているのも事実です。

 

男性の保育士さんが抱えている悩みはどのような事があるのでしょうか?

 

・収入

保育士さんの給料・待遇問題についてはさまざまな課題があります。

ただでさえ収入の少ないと言われている保育士の仕事。

男性であれば家族を養うために収入が多ければ多いほどいいかと思います。しかし、女性の仕事としての歴史を長くもっている保育士の仕事では男性保育士の昇進事例もまだ少なく、平均年収も他の職業とくらべて大きく下回っているのが現状です。

 

・男性用設備の問題

保育園にある設備や施設は子どもたちと女性の為の設備が多いです。

これも女性が主に活躍してきた現場だからこそではありますが、いまも男性用設備のない園は沢山あります。

その為、更衣室やトイレは女性と共用という事が多く肩身の狭い思いをしている男性保育士さんが多くいます。さらに厄介なのは本人が我慢していても周りからの心ない視線を向けられることも。

何故女性用の更衣室やトイレを使っているんだ?というクレームをつける保護者の方もいるそうです。男性保育士への偏見はいまだに多く、本人は誇りを持って仕事をしているのに認めて貰えない。という現状はみんなで認め合って解決していきたいところ。男性保育士さんもあらぬ疑いをかけられないように女の子の園児とは二人きりにならない、コミュニケーションを沢山とるなど様々な努力をしている方が多くいらっしゃいます。

 

・女性社会の中での孤立

保育園で働く人はほとんどが女性で男性は少人数、一人しか居ないという場合が多いです。

先ほどの設備の面でもそうですが、沢山の異性の中で生活するというのは大変なもの。仲良のいい職場だったとしても少数派の男性では同性、同じ立場の相談相手がいないと息が詰まってしまう事もあるようです。

そして女性社会というのは男性とはまた違うものがあるので、人間関係に頭を悩ませてしまう人もいます。

男性保育士さんは頼りになる存在!

・やっぱり心強い男性保育士さん

マイナスなイメージの事柄が続いてしまいましたが、やっぱり男性保育士さんは頼りになる存在。

力仕事はもちろんですが、防犯面を見ても保育園に男性がいる。という事はかなり大きく、安心する事が出来ます。何か事故や怪我などがあった時にも頼りがいがあり、まさに保育園のお父さんという存在として大きなメリットがあります。

遠足や散歩の時にも男性保育士がいれば男の子のトイレには一緒に入っていく事が出来ますし、男の子と女の子、男性保育士と女性保育士として様々な分担を行う事が出来ます。

子どもたちにとっての好影響も多く、男性保育士さんと関わる事によって元気に遊び回る事が出来たり、女性保育士さんとはまた違う教育や刺激を与えられる存在となっています。

男性保育士さんが活躍し始めたのは最近で課題も多いですが、頼りになる男性保育士さん。これからの活躍に期待したいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BackNumber
→ 転職お役立ちコラム&ニュースをもっと読む
BackNumber BackNumber
  • 全国版
  • 東京版
  • 神奈川版
  • 埼玉版
  • 千葉版
  • 関西版
保育士
KIDSNA-キズナ- 子どもとつながる情報アプリ
公式Facebookページ
「いいね!」で限定情報をチェックできます!
上京者向け求人特集 保育士就活バンク!

新着求人トピックス

NEW

NPO法人おれんじハウス
おれんじハウス横浜駅前保育園 他(2017年4月新規オープン園あり)

家庭的でアットホームな保育園です! 2017年4月オープニングスタッフも募集します! 肩ひじ張らずにこどもの気持ちに任せたゆったりとした保育ができ、気持ちにゆとりある働き方ができます。経験の浅い方、子育てがひと段落し、復帰を考えている方には働きやすい環境です。

詳細を見る
NEW

葉隠勇進株式会社
明日葉保育園

育休産休の取得率・復帰率の高さが特徴。「また保育士として働きたい」と思える保育園です。食育を大切にしており、子どもたちにも、保育士さんにもおいしい給食を提供!

詳細を見る
NEW

社会福祉法人 風の森
<ママ保育士さん歓迎!嘱託・パート賞与2ヶ月>Picoナーサリ オープニング保育士募集

残業なし!年間休日120日以上!杉並区借上げ社宅制度82,000円、産休・育休制度など福利厚生も充実♪

詳細を見る
NEW

にじのいるか保育園・みんなの遊々保育園
学校法人滋慶学園<2017年4月オープニングスタッフ募集♪>

学校法人運営で退職金制度はもちろん、福利厚生はバツグンです! 残業少なめで休日も多く、プライベートや家庭と両立したい保育士さんにオススメ♪見学だけでも大丈夫! パートさんも募集しているので、不明点あれば、お問い合わせください!

詳細を見る
NEW

社会福祉法人 尚栄福祉会
【次年度新規園有 田園都市線から徒歩圏内で認可保育園運営中♪】

完全週休2日!年間休日125日以上!有給もしっかり消化!前年実績賞与4ヵ月!昇給・評価もバッチリ!川崎市借り上げ社宅制度利用可能で82,000円まで住宅補助支給。駅チカで園庭アリ、高環境・高待遇の注目求人です!

詳細を見る
NEW

社会福祉法人ちとせ交友会
<オープニング園複数あり>ちとせ交友会の保育園

★2017年4月新規オープニングスタッフ募集★(渋谷、中目黒、狛江、大阪、博多)新卒可、借上げ社宅制度あり、家賃補助あり♪
見学だけでもOKなので、気になったらお気軽にご連絡ください。

詳細を見る

ご登録の流れ

ご登録の流れ
無料登録はこちら
無料転職サポートはこちら