転職お役立ちコラム&ニュース

保育士の働き方は様々!パート保育士、派遣保育士、臨時職員という働き方と求人事情

J90.jpg

保育士資格をお持ちの主婦の方で、そろそろパートに出てみようかなとお考えの方、せっかくなら資格を生かして、パート保育士の求人に応募してみませんか?

今回は主婦の方にオススメな、パート保育士という働き方と求人事情をご紹介します。

 

パート保育士とは?

保育士のお仕事には大きく分けて、正規職員となる正社員の保育士と、非正規職員でパートタイム勤務するパート保育士があります。

2011年度の厚生労働省の調査によれば、保育士の約半数は非正規雇用で働いているということで、全国で非正規の保育士を雇っている保育施設は、実に8割以上に上るそうです。

新卒で正社員として勤務していた保育士が結婚、出産を経て、パート保育士として復帰することも多いようです。

 

パート保育士の仕事内容

パート保育士の仕事内容は正社員保育士と大きく違わないのですが、パートタイムの性質上、担任をもつことはあまりなく、主には担任保育士の補助業務が多いようです。

早朝・夕方保育のみの短時間勤務からフルタイム勤務まで、働き方によって担う役割も違ってきます。

例えば、日中の時間帯は担任補助がメインで、少しのんびり屋さんで集団行動についてくるのが苦手な子どもたちをフォローして担任保育士を助ける役割を担い、正社員保育士が少ない早朝や夕方保育では、パート保育士がメインとなって子供たちを見守ることもあるようです。

 

パート保育士の求人事情

現在は多様化する企業の勤務形態に対応するため、早朝や夜間保育を行っている園が多数あります。

そのような園ではフルタイムの正社員保育士だけですべての時間をカバーするのは難しいので、短時間勤務のパート保育士も必要としていることが珍しくありません。

そのため、パート保育士の求人需要は一定数を維持していると言えます。

求人により待遇はさまざまですが、時給は1000円前後、勤務時間はシフト制で4〜6時間が多いようです。

 

パート保育士のメリット

パート保育士の最大のメリットは、何といっても時間が自由になるということでしょう。

自分の生活スタイルによって、週数回・数時間から、フルタイムまで幅広く対応ができます。

小さいお子さんがいらっしゃる主婦の方にはまずパート保育士からお仕事を始めて、子育てが落ち着いて来たら社員登用などを利用して正社員になるコースがおすすめです。

ブランクがあっても、育児経験を保育に活かせるのが魅力ですね。

また、パート保育士は担任になることが少ないため、日案、月案などの事務仕事が少ない傾向にあるのも正社員に比べて負担が少なく、メリットと言えます。

 

派遣保育士とは?

次に派遣保育士のご紹介です。派遣保育士は、基本的に正社員保育士の補助業務が主になります

例えば正社員保育士は担任として子どもたち全体をまとめて引率していく役割がメインですが、派遣保育士はそのサポートに回ることが多いようです。

ときには雑用のような仕事もあるかもしれませんが、基本的には子どもたちと過ごす時間が大半となります。

どちらにせよ、子どもたちにとっては、派遣保育士も「保育士の先生」の一人であることに変わりはありません。

 

派遣保育士のメリットは?

派遣保育士は正社員保育士と比べて時間の融通が利きやすく、パート保育士と同じように自由に働きたい時間を自分で決めることができます。

お給料は時給制ではありますが、一般的にパート保育士よりは時給が高い傾向にあるようです

パートの場合時給1000円前後が多いのですが、派遣の場合は時給1200円以上の場合も多いようです。

また正社員保育士とは違い、事務仕事も少ない傾向にありますので、とにかく子どもたちと過ごすことに専念したいとお考えの方にはお勧めの就業形態です。

さらに、派遣会社から各保育施設に派遣される形になりますので、職場との間に派遣会社の担当者が間に入ってくれることが多いようです

なにかトラブルがあったときも間に立って解決してくれるので安心かもしれません。

 

派遣保育士に向いてる人はどんな人?

以上の点から下記のような方は派遣保育士に向いていると言えます。

・家事・子育てを大切にしながら働きたい方

・夫の扶養内でお仕事したい方

・一つの職場に限定せず、いろいろな職場を経験してみたい方
・事務作業よりも子どもたちとの時間を大切にしたい方

 

派遣会社の選び方

派遣保育士になるには、派遣会社に登録しなければ始まりません。

インターネットで検索すると数多くの派遣会社が出てきますが、どの派遣会社に登録すればいいのでしょうか?

良い派遣会社かどうか見極めるには、以下の点に注目してみましょう。

 

1.求人数が多いかどうか?

求人数が多ければ多い程、希望通りの求人は見つけやすく、契約期間が満了したときにもすぐに次の仕事を見つけることができます。

また、求人数が多いということは、その派遣会社の信頼度がどれだけ高いということを意味しています。

 

2.保育士専門の派遣会社であるか?

保育士が派遣会社を選ぶなら保育士専門の派遣会社がオススメです。

保育士専門の派遣会社は保育施設とのつながりが密であることが多く、求人を出す側からみても、保育士専門の派遣をしている会社のほうが信頼できるため、求人数が集まりやすいと言えます。

 

3.派遣会社側のスタッフは信頼できるか?

派遣会社では、求人を探して紹介してくれるコーディネーターや、派遣先とのやりとりの際に間に立ってフォローをしてくれる営業担当は、気持ちよく派遣保育士として勤務する上で大切な役割を果たしています。

そのため、派遣会社のこれらのスタッフがしっかりしていて信頼できるかどうかは大変重要なポイントとなります。

 

4.研修制度が整っているかどうか?

未経験の保育施設に派遣になる場合や、ブランクがあってから社会復帰する場合、保育士資格があっても実際のお仕事に不安な気持ちを持つことがあります。

そういう時に派遣会社に研修制度が整っていると安心して働くことができます

保育士専門の派遣会社の中にはグループ会社で保育施設を運営しているところもありますので、そういったところですと保育のノウハウがあるので、研修制度もしっかりしている場合が多いと言えます。

 

臨時職員とは?

臨時職員とは、地方自治体や社会福祉法人が期限付き又は一年更新で雇用している人のことで、臨時という名前の通り、多くは産休育休などで出た公立保育園の欠員を埋めるための雇用で、ずっとその保育園で働けるとは限りません。

また、フルタイムというよりはパートタイムの就業形態に近いようです。

正規の職員と同じように担任をもって保育をする場合もありますが、主にはフリーの先生として担任保育士の補助に入る場合が多く、お仕事の内容は園によって違います。

 

正規職員との違いとは?

公立保育園の正規職員は地方公務員となりますが、臨時職員は公務員扱いとはなりません

そのため、給与や待遇面に大きな違いがあります。

臨時職員の給与は、雇用の際に提示された金額によりますが、多くはパート保育士と同じく時給制で、手取りにして月12万円〜14万円が一般的と言われています。

また、正規職員は毎年昇給していきボーナスも支給されますが、臨時職員は1年ごとの契約更新がほとんどなので、昇給やボーナスは望めないようです。

ただ、正規職員と比べて遅番や早番の回数が少なく、責任の大きな仕事は任されることがあまりないようなので、その分負担は少ないかもしれません。

 

臨時職員になるには?

臨時職員の求人は、ハローワークはもちろん、市町村のホームページや広報誌など色々なところで見かけることができます

現在公立保育園の職員はほとんどが臨時職員とも言われていますので、求人を見つけることは難しくないでしょう。

自治体によっては登録制の場合もありますので、その場合は事前に役所経由で登録して連絡を待つことになります。

 

臨時職員は、パートタイムと同じように、自分の時間を確保しながら働けるので、ダブルワークをしている方や主婦の方にとっては都合が良い就業形態かもしれません

その反面、待遇面では正規職員より劣ってしまうので、同じ業務量なのに割に合わないという声もよく聞かれるようです。

現在公立保育園では、正規職員の保育士よりも臨時職員の保育士のほうが多く、実質的に臨時職員が公立保育園を支えているとも言われているので、正規職員の保育士と同様、臨時職員保育士の待遇改善が求められるところです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子どもが小さいのでなかなか正社員として勤務するのは難しいけど、家計を助けたいし、資格を生かして社会復帰したい!

そう考えている主婦の方にはパート保育士や臨時職員がピッタリだと思います。

また、派遣保育士を目指す場合は、派遣登録会社はたくさんあるので、一つに絞り込まずに何件か登録してみて利用してみると、自分に合ったところが見つかりやすいかもしれません。

また、公的機関のハローワークでも派遣の登録ができますので、そちらにも登録しておくと安心かもしれませんね。

 

パート保育士や派遣保育士の求人も正社員と同様、数多く出ているので、ぜひ自分にピッタリの求人を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BackNumber
→ 転職お役立ちコラム&ニュースをもっと読む
BackNumber BackNumber
  • 全国版
  • 東京版
  • 神奈川版
  • 埼玉版
  • 千葉版
  • 関西版
保育士
KIDSNA-キズナ- 子どもとつながる情報アプリ
公式Facebookページ
「いいね!」で限定情報をチェックできます!
上京者向け求人特集 保育士就活バンク!

新着求人トピックス

NEW

葉隠勇進株式会社
明日葉保育園

育休産休の取得率・復帰率の高さが特徴。「また保育士として働きたい」と思える保育園です。食育を大切にしており、子どもたちにも、保育士さんにもおいしい給食を提供!

詳細を見る
NEW

株式会社こどもの森
まなびの森保育園<2017年オープニングスタッフ募集♪> ほか

首都圏で100ヶ所以上の認可・認証保育園を運営している大手優良企業『株式会社こどもの森』の保育士採用情報です。お見逃し無く!

詳細を見る
NEW

株式会社キッズコーポレーション
大空と大地のなーさりぃ認可保育園・院内・企業内他

キッズコーポレーションは全国展開をしています。 KIDS FIRST~何より子どもが最優先~を保育理念に「自由保育」を取り入れています。子供たちに「させる」保育ではなく、子どもたちの「したいを大切にする」保育を行っています。

詳細を見る
NEW

社会福祉法人伸こう福祉会
KIDDIE(キディ)保育園

残業もほぼなし(月1~2時間程度)、お仕事の悩みも園長初め先輩スタッフに相談しやすい環境です。 神奈川に根差した温かい保育園。 ありのままを認め、挑戦する気持ちを応援しながら可能性を伸ばし 子どもたち1人1人に向き合う保育を大切にしています。

詳細を見る
NEW

社会福祉法人 尚栄福祉会
【次年度新規園有 田園都市線から徒歩圏内で認可保育園運営中♪】

完全週休2日!年間休日125日以上!有給もしっかり消化!前年実績賞与4ヵ月!昇給・評価もバッチリ!川崎市借り上げ社宅制度利用可能で82,000円まで住宅補助支給。駅チカで園庭アリ、高環境・高待遇の注目求人です!

詳細を見る
NEW

株式会社プロケア
ちゃいれっく保育園

住宅手当・時短制度あり!千葉県市川市・大阪府吹田市のオープニングスタッフ募集♪都内・横浜の既存園も募集中♪やりたい事ができる・提案できる体制が整っているので、ご自身のやりたい保育をぜひ取り入れてください!

詳細を見る
NEW

NPO法人おれんじハウス
おれんじハウス横浜駅前保育園 他(2017年4月新規オープン園あり)

家庭的でアットホームな保育園です! 2017年4月オープニングスタッフも募集します! 肩ひじ張らずにこどもの気持ちに任せたゆったりとした保育ができ、気持ちにゆとりある働き方ができます。経験の浅い方、子育てがひと段落し、復帰を考えている方には働きやすい環境です。

詳細を見る

ご登録の流れ

ご登録の流れ
無料登録はこちら
無料転職サポートはこちら