転職お役立ちコラム&ニュース

公立保育園と私立保育園の違いとは?保育士採用あれこれ

J91.jpg

保育士資格を取得したあとは、いよいよ就職活動ですね。

でも、保育園にもいろいろな運営母体があること、あまりご存知でない方も多いのではないでしょうか?

その中でも、公立保育園と私立保育園とはよく耳にしますが、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

今回は保育士の観点から見た公立保育園と私立保育園の違いと、それぞれの採用制度の違いについてご紹介します。

 

公立保育園の特徴

公立保育園は、市区町村などの地方自治体が運営母体となっています。

運営の基盤がしっかりとしており、保育の基準も均一に設定されています。

公立保育園で働く保育士は地方公務員となりますので、給与や待遇は地方公務員の基準に準拠したものとなります。

公務員の給与は基本的には民間とあまり差がつかないように調節されているものの、基本的には毎年昇給がありボーナスをもらうこともでき、私立保育園より安定した待遇が受けられるのがメリットです。

そのためか、公立保育園では保育士の勤続年数も私立に比べて長いようです。

ただ、公立の場合は、特定の保育園に就職という形ではなく、地方自治体に就職する形になりますので、どの保育園に勤務するか自分で決めることができません。

大体は3~6年ごとに同地区内で転勤を命じられるようです。

また、近年は保育園の民営化が進んでいますので、公立保育園に勤務するのは狭き門となっています。

 

私立保育園の特徴

私立保育園は、民間企業やNPO団体、学校法人などが経営母体となっています。

それぞれの園によって保育方針なども大きく異なり、あらゆる保育ニーズに対応するため、宗教色があったり、外国語教育に力を入れたりといった、多種多様な特色があります。

園によって業務内容も違ってくるため、公立保育園と比較すると、園ごとに覚えることが多いと感じるかもしれません。

しかし、公立よりも園のカラーが強い分、個々の保育士の裁量が大きく、やりがいを感じやすいと言えます。自分の価値観にあった園を見つけましょう。

待遇や給与も園によりさまざまなので、経営状況の良い園などは公立保育園よりも良い待遇が期待できる場合もあるかもしれません。

反対に、昇給が全くない保育園などもあるため、就職する際は園の保育方針とともに、待遇面も事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

 

公立保育園の採用とは?

保育士資格だけでは公立保育園の正規保育士になることはできません。

地方公務員となるため、各自治体の採用試験にも合格する必要があります。

採用試験の詳細は各自治体のホームページや役所で確認することができます。

ただ、採用試験に合格したからといって必ずしもすぐに勤務できるわけではありません。

試験に合格すると採用候補者名簿に登録されることになり、施設から採用のオファーを待つことになります

自治体にもよりますが、毎年保育士を募集していない場合もあり、採用があっても若干名となることも多いようです。

採用候補者名簿の登録期限は1年間と決められているので、その間に採用がない場合は、次年度に再度採用試験を受験しなくてはなりません。

非常に狭き門と言えます。

 

私立保育園の採用とは?

私立保育園に保育士として就職する場合は、その園で行っている採用試験に合格すれば勤務できます。

試験内容は園によって異なりますが、「筆記・実技・面接」を中心に行うのが一般的です。

公立保育園に比べてハードルが低いため、公立保育園を第一希望としている方でも、念のため私立保育園への応募も念頭に置いて就職活動したほうが賢明だと言えます。

 

その他必ずチェックすべきポイントを3つ紹介します。

①  保育方針

自分と共感できる保育方針の園を選ぶことも、一つの選び方です。

受験対応しているお勉強重視の園やとにかく元気が一番という健康重視の園など多種多様なので、具体的な保育方針を把握しましょう。

また、キリスト教や仏教と言った宗教観による教育を行っている園は細かな部分でその宗教のカラーが色濃く表れるでしょう。

 

②  待遇面

やはり気になる給与などの待遇面から選ぶ選び方もあります。

給与が自給や月給ではなく、年棒といった形で支給される園などもあります。

ボーナスの有無、各種手当の有無も確認しておきましょう。

通勤面では、自宅から無理なく通える園が良いでしょう。

延長保育や書類作成等で残業がある園も多数あります。

安全面から車通勤が禁止の園などもありますので、こちらもきちんと確認しておくことが必要です。

 

③  求人が頻繁に出ていないか

常に求人が出ている園は離職率が高いという可能性があります。人間関係が悪い、残業が多い、仕事量が多いのに待遇が悪いなどの問題がなかなか改善されないという可能性もあります。

 

ホームページや評判サイトなどで情報収集することはとても大切ですが、情報が少ないホームページや、ホームページ自体を持っていない園も少なくはありません。

自分に合った園を見つけるためにも、園見学をし、雰囲気を感じましょう。

子どもとの接し方や保育士同士の雰囲気など、求人票やホームページでは読み取れないことも園見学で明確になることがあります。

就職に失敗しないためにも、十分な情報収集と園見学を積極的にしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

公立保育園の保育士は公務員としての安定さがなによりの魅力ですが、採用までのハードルがかなり高いのが現状です。

また、今後公立保育園が続々と民営化することも考えられますので、公立保育園一本に絞り込むのではなく、私立保育園の選択肢も考えながら就職活動を進めていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BackNumber
→ 転職お役立ちコラム&ニュースをもっと読む
BackNumber BackNumber
  • 全国版
  • 東京版
  • 神奈川版
  • 埼玉版
  • 千葉版
  • 関西版
保育士
KIDSNA-キズナ- 子どもとつながる情報アプリ
公式Facebookページ
「いいね!」で限定情報をチェックできます!
上京者向け求人特集 保育士就活バンク!

新着求人トピックス

NEW

社会福祉法人 風の森
<ママ保育士さん歓迎!嘱託・パート賞与2ヶ月>Picoナーサリ オープニング保育士募集

残業なし!年間休日120日以上!杉並区借上げ社宅制度82,000円、産休・育休制度など福利厚生も充実♪

詳細を見る
NEW

社会福祉法人 尚栄福祉会
【次年度新規園有 田園都市線から徒歩圏内で認可保育園運営中♪】

完全週休2日!年間休日125日以上!有給もしっかり消化!前年実績賞与4ヵ月!昇給・評価もバッチリ!川崎市借り上げ社宅制度利用可能で82,000円まで住宅補助支給。駅チカで園庭アリ、高環境・高待遇の注目求人です!

詳細を見る
NEW

社会福祉法人伸こう福祉会
KIDDIE(キディ)保育園

残業もほぼなし(月1~2時間程度)、お仕事の悩みも園長初め先輩スタッフに相談しやすい環境です。 神奈川に根差した温かい保育園。 ありのままを認め、挑戦する気持ちを応援しながら可能性を伸ばし 子どもたち1人1人に向き合う保育を大切にしています。

詳細を見る
NEW

株式会社プロケア
ちゃいれっく保育園

住宅手当・時短制度あり!千葉県市川市・大阪府吹田市のオープニングスタッフ募集♪都内・横浜の既存園も募集中♪やりたい事ができる・提案できる体制が整っているので、ご自身のやりたい保育をぜひ取り入れてください!

詳細を見る
NEW

社会福祉法人ちとせ交友会
<オープニング園複数あり>ちとせ交友会の保育園

★2017年4月新規オープニングスタッフ募集★(渋谷、中目黒、狛江、大阪、博多)新卒可、借上げ社宅制度あり、家賃補助あり♪
見学だけでもOKなので、気になったらお気軽にご連絡ください。

詳細を見る
NEW

株式会社キッズコーポレーション
大空と大地のなーさりぃ認可保育園・院内・企業内他

キッズコーポレーションは全国展開をしています。 KIDS FIRST~何より子どもが最優先~を保育理念に「自由保育」を取り入れています。子供たちに「させる」保育ではなく、子どもたちの「したいを大切にする」保育を行っています。

詳細を見る

ご登録の流れ

ご登録の流れ
無料登録はこちら
無料転職サポートはこちら